悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

車の発進の手順を教えて!その前の点検も大事ですよ!

2017.12.26

車の発進の手順。免許取得のために通っていた教習所で習った事、覚えていますか?

これから免許を取得する人も、もう忘れてしまった人も確認してくださいね!

また、車を発進する前に点検も大事です。点検はドライバーが安全運転をする責任の1つですよ。

車を停止して下車する時の手順や、車の駐車がニガテな人の練習方法などもまとめてみました!

車を発進する前に点検も大事です!点検の手順を紹介!

車を運転する前に!点検する事が大事ですよ!

ここでは日常点検の方法を説明します!

まず、日常点検は4つの項目があります。

  • エンジンルーム
  • 運転席
  • 車の周り
  • その他の準備

詳しく見て行きましょう。

車のエンジンルームを確認

ウィンドウォッシャ液の量、ブレーキ液の量、バッテリー液の量、冷却液の量、エンジンオイルの量と汚れ具合を点検しましょう。

発進する前に運転席の確認を

ブレーキペダルの踏みしろ、パーキングブレーキの引きしろ、ウィンドウォッシャ液の噴射状態、ワイパーのふき取り具合、エンジンのかかり具合、異音の有無、エンジンの吹け上がり具合を運転席から点検します。

車の周り

タイヤの点検(空気圧やみぞの深さなど)、各灯火類の点検(点灯・点滅など)をしましょう。

その他の準備

免許証や車検証、自賠責保険証はありますか?発煙灯や懐中電灯は?

日常点検はドライバーの責任の1つですよ!

これで試験も合格!車を発進する手順を紹介します!

しっかりと手順を覚えて試験に合格しましょうね!

では発進の手順を説明します。

  • 運転席に乗り込む前には車両の後ろを廻り1周しましょう。そして障害物はないか、タイヤの点検や車の下も確認します。
  • 運転席のドアの前に立って、後方の確認をしてから速やかに乗車しましょう。ドアを適度な力で閉め、ドアロックをします。
  • 「○○です。よろしくお願いします」と挨拶してから発進準備です。
  • 座席を調節してシートベルトをします。そしてミラーの調整です。
  • エンジンをかける前に、MT車はサイドブレーキを確認。そしてブレーキとクラッチを踏み、ニュートラルになっているか確認です。
  • AT車は、サイドブレーキを確認し、次にチェンジレバーが「P」にあるかを確認してから、エンジンを始動します。
  • 準備が全て整ったら、試験官に「発進の準備ができました」と伝え、試験官から発進の許可が出たら、方向指示器で発進の合図をし、後方の安全を確認してから発進しましょう!

マニュアル車の発進は回転が大事!発進の手順とは!

マニュアル車の発進は難しくないですか?
私は何回もエンストしていました。

エンストの原因はアクセルを踏む量が足りないようです。

では、上手に発進するにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで詳しくマニュアル車の発進の手順を紹介します。

まずはクラッチを切ってローギアに入れましょう。そしてアクセルペダルを軽く踏んで、エンジンの回転を2000回転前後を保ったままにしてください。それからクラッチをゆっくりと戻していき、車が動き出したら3秒ぐらいクラッチをそのままにします。そしてクラッチを戻しながらアクセルを踏んで加速しましょう。

また、停車についてですが、ブレーキをいっぱい踏んで急ブレーキにならないように、その反対にブレーキが弱くて停めたい位置からオーバーしないようにするには、ブレーキは1度に踏まずに、まずは速度を落としましょう。そして、止めたい位置まで近づいてからブレーキを調整しながら完全に車を停止しましょう。

試験対策!車を停止して下車する時の手順はコレ!

これで安心!試験も大丈夫!
今回は、車を停止してから下車する手順を紹介します。

ウインカーを出しながら入って、ギアはシフトダウンせずにブレーキだけで速度を落として、クラッチを踏んでしっかりと止まりましょう。停止したらハンドブレーキを引きウインカーを消します。

ギアはバックギアに入れてエンジンを切ります。エンジンを停止したらクラッチを踏んでいる足を離してから、ブレーキから足をはずしてシートベルトもはずして車を下りてください。
下りる時は、ドアを開ける前に後方を確認しましょうね。

車を降りる時は、後方の確認をしてからドアを開けて出ます。
1度車の後方を確認して、何か不都合がないかの確認をします。
そして車の前を回って試験官の元に行きます。

試験の当日に慌てないように、この手順をしっかりと覚えましょうね!

車の駐車がニガテな人の練習はどうしたらいいの?

車の駐車がニガテな人はいませんか?

そんな人は、とにかく練習するしかありませんよね!

では、どんな所で練習したらいいのかと言うとなるべく広い駐車場がいいと思います。公園の駐車場はどうでしょうか?

でも、頻繁に車が来るような駐車場は避けてくださいね。
焦ってしまうので。

また、最初のうちは運転が上手な人に付いてきてもらいましょう。
その時、その付いてきてもらう人には「私から質問しない限り、何も言わないでね!」と伝えてください。

それは、練習中に焦らされないようにするためです。
運転の上手な人は「そこ違う!反対だよ!」とかって大きな声で言いますよね?
そうなると、怖くて言われた通りに運転するだけになります。

なので、最初に何も言わないようにしてねと伝えましょう。

慣れるまで駐車は難しいかもれませんが、練習を何回もして頑張ってくださいね!

 - 知識・雑学