マニキュアが付いた時の落とし方は?床についた時の対処法

マニキュアをしていると間違って倒してしまう事ありますよね。そんな時、床にマニキュアが付いてしまったら・・・。 キレイに落ちる落とし方が気になると思います。 マニキュアには除光液!と思ってしまいますがフローリングに使用してしまうと、白く跡残りがしてしまうので注意が必要です。 床にこぼしたマニキュアの落とし方、また除光液がフローリングについた時の対処法などもご紹介いたします。

マニキュアが床のフローリングについた時の落とし方は?NGな方法とは

マニキュアを落とすといえば除光液ですが、フローリングにこぼしてしまったマニキュアは除光液を使ってはいけません。

除光液を使って落とした場合、確かにマニキュアを取り除くことはできます。

しかし、除光液がフローリングに触れた部分が白くなってしまう事があるんです。

これは白く跡が付いたというよりも除光液でフローリングのコーティングが剥がれたということです。

除光液を使うとマニキュアと一緒にコーティングまでが落ちてしまって、白く跡のように残ってしまうのです。

なので、フローリングの上でマニキュアを使う時は最初から新聞紙やビニールを敷くなどして、もしもの時の対策を行うと良いですね。

特にペディキュアを塗る時は、うっかりマニキュアを倒してしまう事があるので予防策を忘れずに行ってください♪

床についたマニキュアの落とし方は?

フローリングに付いた場合は除光液を使わないようにするのが無難です。

まずは慌てずに乾くまで待ちましょう。焦って布で拭いてしまったりすると更に被害が大きくなってしまいます。

しっかりと乾いたらプラスチックのヘラのようなもので、削り落としてください。子供のねんど用のヘラなんかも使えますよ。

ガリガリやりすぎるとフローリング自体を傷つけてしまいますので、慎重にマニキュアだけを削り取るように行ってくださいね。

その他にもカッターを使って削り取ることもできます。その場合はカッターの刃を思いっきり出して床と水平になるように湾曲させて削っていきます。

刃をめい一杯出すので、自分もけがをしないようにフローリングを傷つけないように注意をして行ってください。

自信が無い方はカッターよりもプラスチックのヘラの方が良いと思いますよ。

床のじゅうたんにマニキュアが付いた時の落とし方

フローリングではなく、床に敷いていた絨毯にマニキュアをこぼしてしまった時は家庭用の染み抜き剤を使って、マニキュアを薄くすることが可能です。

しかし絨毯が傷む可能性もありますので、捨ててもいい!というような気持ちの場合に行う方法としてご紹介します。

まずは、絨毯のマニキュアが付いた部分を、除光液を染み込ませた布で取り除くようにとんとんします。

そして、布に汚れが付いたら、綺麗な面で同じように繰り返します。汚れが布に移らなくなるまで続けてください。

次に家庭用染み抜き剤を同じように、違う布に含ませてトントンします。この家庭用染み抜き剤は薬局などで購入できますよ。

これで終わりではありません。今度は洗濯用の中性洗剤を薄めて付けて布でトントンします。

そして最後に洗剤を残さないように意識をして、水で濡らした布巾でトントンします。水気を拭き取り乾かして終了です。

これで大分マニキュアが薄くなると思います。

しかし高級絨毯などは専門店で染み抜きをお願いした方が確実です。無理をしないでくださいね。

除光液で床が白くなってしまった時の対処法

すでにマニキュアを落とすために除光液を使ってしまったり、除光液を直接フローリングにこぼしてしまったりしたとき、フローリングが白くなっている事と思います。

コーティングをし直すという方法もありますが、素人には難しいですよね。

被害が小さな場合はオリーブオイルなどを塗って馴染ませる方法もあります。しかしこの方法でも、まだ全然目立つ場合もあります。

がっちりと白くなってしまった場合は、白くなった部分をスチールウールなどで軽くこすると白い部分だけが取れてきます。

もちろん軽くこすっても、フローリングに少々の傷がついてしまいます。

小さな傷はワックスなどでごまかせるから大丈夫!という方は試してみると良いのではないでしょうか。

白いままにしておくか、多少の傷はついても目立たなくさせるか、しっかりと業者の方に直してもらうか。

どれを選びますか?

服などの布に付いたマニキュアの落とし方

Manicurist in working form with tools in hand.  出典:123rf

服の生地によってもことなりますが、過酸化水素水でもマニキュアの汚れを落とすことができる場合があります。

まずは、目立たない場所で色落ちが無いかどうかチェックしてから行ってくださいね。

色落ちが無いことが確認できたら過酸化水素水を布に含ませて、マニキュアの部分をとんとんしてください。汚れが布に移ったら、綺麗な部分で同じようにトントンして汚れが付かなくなるまで繰り返し行います。

この他にも次に使っていない古い歯ブラシなどにヘアスプレーを吹きかけて、シミの部分を丸く軽くこすってシミを抜く方法もあります。

これは虫よけスプレーを使っても同じような効果が得られるようです。

どの方法も最後は洗剤残りが無いように水ですすいてくださいね。

そして服の生地を傷めたくない場合や高価な服、大切な服などは無理をせずに専門店で染み抜きしてもらうのが一番です。