悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

要約するコツを教えて!本の要約は○○を参考にするといいかも!

2018.2.12

本の要約って結構難しいものです。本の内容が簡潔にわかり、そして重点を押さえた要約が必要になります。

本を要約する3つのコツとは?

本を要約する際に自分の言葉でまとめる際の注意点と要約のコツなどもご紹介します!

要約するコツが知りたい!参考になる本は?

本の要約する時は裏表紙を参考にする

レポートを書く場合に1冊の本の内容を数行に要約する時は、本の裏表紙を見ましょう。なぜ裏表紙かというと、そこには内容紹介が書かれている場合が多いからです。裏表紙には本を少しでも知ってもらうために書き方に工夫していることが多く、誰でも本が読みたくなるように短くまとめた文章が書かれているので必ず見るようにしましょう。

目次を参考にする

レポートで本の要約をする場合、本の内容をすぐ理解するために目次と各章のタイトルを読みましょう。章のタイトルの書き方が、本の名前を似ている章ほど、著者が一番伝えたいことが書いてある内容になっています。本の要約を書くとき、全部を読むのは大変なので核心にふれてういる所を重点的に読むようにしましょう。

不要なところを削る

文章の必要になる所と不要な所を見極める事が必要です。必要のない文章と感じた部分を削ることで、必要な所だけを書き残すようにすると、とても簡単に核心に近づけることが出来ます。

簡単な書き方

難しく表現している文書をそのまま書くことは簡単ですが、表現自体が難しい文書の内容をそのまま書いてしまう人もいます。でもこのようにすると書き写しになるので、文章の切り貼りで張り合わせ要約することが大事です。要約をする時に、どのようにすると簡単にできるか考えて書くようにしましょう。

本を要約する3つのコツとは?

文章に意味をかたまりで分ける

本を読んでみると意味によってはいくつかのかたまりに分かれていることに気が付きます。主張→具体例→主張の流れになっている事が多いです。

だから、それぞれの意味によりかたまりに分けることで、文章の内容がきちんとわかるようになります。どのような構成で書かれているのか焦点をあてて文章を読みましょう。

中心をなる文を見つける

かたまり訳が終わるとそれぞれのかたまりのメインとなる文章を探しましょう。文章の構成としては主張→具体例→主張となります。

だから主張となる文を見つけることです。他の文章は具体例などを示しているので基本的には主張と同じことを言っています。最も言いたい事を見つけましょう。

主張に組み合わせ

各かたまりの主張が揃うと、それらを適切に組み合わせます。時には文章の順序を入れ替えたり表現を変えることもあります。全体的に意味がわかるように読みやすくしましょう。内容が重なっている所があれば1つを残し、他は削りましょう。

要約のコツを掴めば本を読む効率も上がる!?

わからないところは飛ばす

わからないところがあってもそこで立ち止まらず飛ばして読むことが大切です。「飛ばすとわからなくなる」と不安に思うかもしれませんが、問題はありまえん。理解できない子ど場や事象が出て来た時は前後の文章から意味を憶測することが大切です。とりあえず前後の文脈又は段落を呼んで何を言っているのか考えましょう。とりあえず当てはまりそうな意味を当てて先に進みます。場合によっては自分の思っていたことが間違いの場合もあります。しかし問題ありません、もしか違っていたとしても読んでいくうちに、その間違いに気が付きます。パズルと一緒です。完成に近づくと間違った所に置いたピースの場所を変えなければならないのです。間違っても憶測を修正することが出来るので結果オッケーです。

この方法は丁寧に読む人はモヤモヤするかもしれませんが、そのような読み方をするといつまでも前に進めません。本は最後まで読んで意味がわかると言うことは珍しくありまえん。

本を要約する際に自分の言葉でまとめる際の注意点と要約のコツとは?

自分の言葉でまとめる

文章の要約をする時には自分の言葉でまとめなければいけません。元の文章の中にある文やごくをつなぐだけでは要約とは言えません。自分の言葉でまとめる時は次の点に注意しましょう。

考えや意見を残し、事実や出来事は削除します。長い文は修飾語句を削除し複雑な文は2つの文に分けてから考え、内容のくり返しは1つの文章にまとめましょう。

要約の方法

元の文章からすぐに要約とまとめるのは難しいです。文章を要約する場合には要約を書く前にいくつかの作業をしましょう。

 

  • 文章の段落を分ける
  • 段落の中心の文を見つける
  • 自分の言葉でまとめる

 - 勉強・仕事