悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

ハムスターがかじり木をかじらないのは何故?その理由とは

2018.2.23

ハムスターが喜ぶと思ってせっかくかじり木を用意したのに、全然かじらない・・・となると、何故なのか気になりますよね。

そもそもかじり木にはどのような役目があるのでしょうか。本当に必要?

ハムスターがかじり木をかじらない場合の理由や、必要性について調べてみました。

ハムスターがかじり木をかじらないのは、そこまで歯が伸びていないから

ハムスターにかじり木を用意しても、かじらないということがあります。

 

考えられる理由として、そもそもかじり木をかじる必要が無いからということがあげられます。
かじり木をかじるほど歯が伸びていないのです。

実際にはかじり木がなくとも、普段の食事で十分に歯を削ることが出来ます。毎日ハムスター用のペレットを食べていれば、自然と削れるのです。

 

しかし、もしペレットを全く与えていなかったり、あまり与えていないということがあるのであれば、それこそかじり木を置くとかじってくれるはずです。

食事にペレットを出しているのであれば、案外歯は削れているのでかじり木を置く必要も無いのです。

 

そして食事中のペレットで歯の伸びを調整するというのはごく自然なことであり、歯にとっても負担がありません。

だから、ペレットを食べさせているのであれば、かじり木をかじらなくたって心配する必要はありませんよ。そういった意味でも、ペレットというのは歯にも健康面にとっても、良い食事であると言えるでしょう。

ハムスターがかじり木をかじらない・・・本当に必要なの?

かじり木には、ハムスターの切歯を削る役目があります。他にも、かじることでストレス解消効果もあるのです。

では、このかじり木は必要なものなのでしょうか?切歯を削ったりストレス解消といった効果があることを考えると、無くてはならないもののような感じがしますよね。
しかし、実際にハムスターを飼ったことがある人や獣医さんの中には「かじり木は不要」と考える人もいるのです。

いったいどのような理由なのでしょうか?かじり木は必要と考える人と、不要と考える人、それぞれの意見をご紹介します。

かじり木は必要

切歯が伸びるスピードが速いハムスターもいる為、ペレットを食べるだけでは不十分だから。かじるのが好きなハムスターにとって、かじり木はストレス解消になる無くてはならないアイテムだから。

かじり木は不要

実際、歯ぎしりをするだけでも切歯は削れるもの。それに硬いペレットを食べても削れるし、同時にストレス解消にもなっている。

というわけで、かじり木が必要なハムスターもいれば、不必要なハムスターもいるということでしょう。

合うか合わないか、まずは一度おもちゃの一つとして試してみても良いかもしれません。

ハムスターがかじり木はかじらないのに、ケージの柵をかじるのは何故?

かじり木をかじらずにゲージの柵ばかりかじる場合は、もしかしたら外に出たいのかもしれません。もしくはストレスでゲージを噛んでいる可能性も考えられます。

いつもゲージの同じ部分ばかり噛んでいるとなると、ハムスターの歯も変形してしまったり、皮膚が傷ついてしまったりするかもしれません。
そういう時には、いつも噛んでいる部分に固定できるタイプのかじり木を置いてみると良いかもしれません。

そうすると興味がそちらに行って、かじり木を噛んでくれたら歯の変形を防いだり、ストレス解消にもなるでしょう。

そして、かじり木をなかなかかじってくれないという場合には、別の種類のものを入れてみると良いかもしれません。同じ木でできたものでも、大きい物から小さい物、色々な形のものが売られています。
木製ではなく、コーンや牧草で出来ているものもありますので、その子の好みのかじり木を見つけてあげると喜ぶかもしれません。

ハムスターのかじり木にも様々なタイプがあります!

かじり木にも様々なタイプのものがあり、大きさや形、原料なども違います。飼っているハムスターが好むかじり木を見つけてあげられると良いでしょう。

かじり木の形状の違い

まずはゲージに固定したり、ぶら下げるタイプのものがあります。こちらはおもちゃとしても遊ぶことが出来ます。ぶら下げるタイプのものに関しては、ハムスターだけでなくインコなどもおもちゃとして使うみたいです。

次に、スタンドタイプのものです。上り下りするための足場ともなり、便利です。

食べる事ができる素材のかじり木

あとは、おやつタイプなんかもあります。クッキーを圧縮して作ったり、原料がコーンだった利というものです。しかし実際に食べることが出来てしまう為、ものによっては太ってしまう可能性もあります。

様子を見ながら、おやつ程度に与えると良いかもしれませんね。

その他、ウサギも使うことがあるへちまタイプのかじり木です。その名の通り、へちまを乾燥させて作ったものになります。

ハムスターのおもちゃには、かじり木の代わりに割り箸がおすすめ

かじり木は必要という意見もあれば、いらないという人もいます。更に好みも分かれるなんて言いますが、そんなに沢山かじり木ばかりを買っていられないですよね。

自宅であるものでなんとかならないのでしょうか?そこでおすすめなのが「割り箸」です!おもちゃ兼、ストレス解消用のアイテムとしてかじり木の代わりに使ってみてください。

ハムスターの「かじる」という行為は、遊びの一つでもあります。きっとかじるのが好きな子は、すぐにボロボロにしてしまうことでしょう。しかし、割り箸なんて安い物。ボロボロになればまた新しいものと取り換えれば良いのです。

わざわざかじり木や、お家兼かじり木のようなものを買う必要も無いと思うんですよね。私はそういう考えなので、割り箸を代用品として使っています。

割り箸なんてコンビニやスーパーで貰って余ることもあるので、言ってみればタダみたいなものです。

みなさんも一度試してみては?

 - 動物・ペット