悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

フィギュアスケート観戦を楽しむ服装や必需品、マナーについて

2018.2.26

今やチケットを取るのも難しいという人気のフィギュアスケート!

そんなフィギュアスケートの観戦は、やっぱり寒いので服装や持ち物にも気を付けなくてはなりませんね。

では、フィギュアスケート観戦を楽しむには、どんな服装で何を持って行くべきか?

そこで、気になるフィギュアスケート観戦を楽しむ服装や必需品、マナーについてなどご紹介致します。

フィギュアスケート観戦での服装や持ち物とは

フィギュアスケートを初めて観戦する場合には服装や持ち物はどんな物を持っていけば良いのでしょうか?

室温で行われますが、アイスリンクが溶けて状態が悪くなるのを避けるために会場内は、実は震えるぐらい寒いと言われています。

なのでコートやダウンジャケットを着たままで試合を観戦する方が多く見られます。

フィギュアスケートを観戦する場合にの服装や持ち物

  • 座ったままなので足元がかなり冷えますのでブランケットやひざ掛け、ネックウォーマー携帯用カイロや手袋などがあると、素晴らしい演技にも集中することができます。
  • その他にもオペラグラスを持っていくと、遠くからでも演技を見ることができます。
  • 飴やチョコレートなどの非常食があると、長い演技もきちんと最後まで観戦することができますよ。

また多くの会場では飲食はできるようになっており、売店の他に屋台が出ていることもあり身体が温まる食べ物が売られていることもあります。

ただ冷たい飲み物を飲んでしまうと体が冷える原因となりトイレが近くなってしまうので、注意が必要です。飲み物を飲む時のポイントはゴクゴク飲むのではなく、少しづつ口の中を潤す程度にしてくなどの工夫することをオススメします。

フィギュアスケート観戦を楽しむ服装や必需品について

フィギュアスケートの観戦を楽しむ服装は、ズバリ暖かいダウンコートの防寒着が一番良いでしょう!服装もヒートテックなど、遠赤外線などの靴下などを着て行くと観戦中快適に過ごすことができますし、帽子やマフラーなどあまり重装備にならない程度の服装で行かれると良いでしょう。

また快適に楽しみたい方には、小型のクッションがオススメです!
会場の椅子は、時間が経つとお尻が痛くなってしまうので小型のクッションや座布団などがあると、快適に長時間座って観戦することができますよ。

その他には気になる選手の方の応援旗や、プレゼント用のぬいぐるみなどを持っていくと選手と距離が縮まるかもしれませんね♪

フィギュアスケート観戦の服装やマナーについて

会場は屋内になりますので、暖房が稼働しておりますが、足元はかなり冷えることから軽い上着やひざ掛けなどやカイロなどを持って行くようにし、暑いかな?と思うくらいの服装が好ましいです。

しかし地方大会等、小規模な大会の場合は、暖房が稼働していない場合がありませうので観戦する際には事前に会場内がどのようになっているのか確認しておく必要があります。

また観戦マナーについては、基本時に出場選手への応援をすることがマナーです。
周囲の観客の方のご迷惑になる行為や、写真撮影は禁止されています。

選手の演技中の座席から座席への移動はできませんし、演技中はトイレへ行く事はできないので、事前に済ませておくことが重要なポイントです。

もし座席の移動が必要な場合は、採点中に移動することができますので、その時にするようにしてください。

フィギアスケート観戦の見るべきポイントとは

フィギアスケート観戦に行くのであれば、事前にフィギアスケートのことを勉強して行くと、どんなところに見どころがあるのか楽しむことができますよ♪

楽しむ為のポイントは知識も必要なのです。

観戦の見るべきポイントはジャンプの前後に注目することです!
初めて観戦するのであれば、ジャンプの前の流れ、その後を注目するのが良いでしょう。

もし選手の方がジャンプを失敗してしまった時には「ああ〜」とため息をついてしまいますが、声に出してはいけません。そのまま息をのんでじっと我慢することが重要です。声に出してしまうと選手が、立て直しの集中力が途切れてしまうのです。

その後成功した時には、割れるほどの大きな拍手をしてあげましょう!

ここ最近では、失敗しても拍手で応援する人様子が見られるように増えてきましたね。
確かにため息で声で発するより、プラス的な応援に仕方で良いと思いますよね。
初めて観戦する時には、どんなふうに応援するのかわからないことが多いと思うので、周りの様子を見ながら、応援方法を確認しましょう。

スケート観戦のオススメな楽しみ方

よっぽどスケートが好きな人でないと長時間の競技会観戦は一緒に行くのは、正直キツイし難しいです。

何故ならよっぽどスケートが好きな人でないと、会場も寒いことから長時間に及ぶ観戦はできないからです。

なのでスケート観戦の楽しみ方は一人で行く方が気が楽で楽しめます。
観戦後は、その都市のグルメツアーに行き、美味しい物を食べて帰ることが最近の日課で楽しみになっています。

けっこう一人で来ている人も多く、最近は話せそうな人が隣にいると初対面でもいろいろスケート話をすることができるようになり、オタクな話ができてとても楽しいです!

特に自分の好きな選手が一緒だと、意気投合しちゃってモチベーションもあがるし、知らない選手でも、こんなふうな見方をする魅力を教えてもらったりと、でもそれはやっぱりスケートが好きだからだと、そういった楽しみ方ができるのだと思います。

 - スポーツ