悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

学校がバイト許可する理由は?このように書こう!

2018.4.6

お小遣いを稼ぐためにアルバイトをする人も多いのではありませんか?しかしほとんどの高校ではアルバイトを禁止しています。学生の本業は学業なので、勉強に集中して欲しいと考えているためです。

しかし学校にアルバイト許可証を提出し、きちんとした理由がある場合はアルバイトが認められます。

アルバイト許可証の書き方や理由について調べてまとめてみました。

学校がアルバイト許可するのは経済的理由?

学校が許可する、もっとも適切な理由は「経済的理由」です。
当然と言えば当然ですが、経済的に余裕がないためにアルバイトの必要があると訴えれば、おそらく学校も許可してくれるでしょう。

さらに細かく理由を説明するならば、

  • 家計を少しでも助けたい
  • 高校の学費、または大学進学のための費用を稼ぐため
  • 社会経験を勉強するためにもアルバイトをしたい

といったものがあります。

学校側へ届け出る前には、必ず親の許可が必要になります。
学校によっては、届出後に確認のため両親に連絡することがあります。もし親の許可なしに届出をしていたり、または書いている内容と違う話になってしまうと、当然アルバイトの許可はもらえなくなります。

そもそも学生がアルバイトをするのに親の許可は必要不可欠です。
学校へ届け出るまえに、まずはしっかりとご両親と話しをするべきです。親の許可があれば、学校から連絡がきたときも話を合わせてくれるでしょう。

学校がバイト許可する必要がある!理由は?

高校生がバイトをする際に必ず必要なのが、学校が発行するバイトの許可証です。
保護者の承諾を得たことを意味するサイン欄もあります。

許可証があるほど、高校生のバイトは学校や親の許可なしではできないものとされているのです。

それは、責任問題が関わってくるからです。
バイトへ行く途中で事故に遭う可能性もありますし、バイト中に怪我をしてしまうことも十分考えられます。許可を得ずにバイトをすると、その責任は許可を得ずに採用したバイト先にも責任が問われることになります。

許可証は、採用する側も貰う必要があるとても重要なものなのです。トラブルにならないためにも、内緒でバイトをするよりも安心安全ですよね。

学校によってはバイトを禁止しているところもあります。学校に黙ってバイトをするのはそもそも問題なので、応募先での許可証は必要不可欠となります。

黙ってバイトしてバレてしまった場合の処分については学校によって異なりますが、バイト先に学校側から連絡が入り、バイトが禁止されている事実をバイト先が知った場合は、おそらくバイトをクビにされてしまうでしょう。

せっかく仕事をするのですから、堂々と働く事ができる環境が整ってからにしましょう。

学校がバイト許可する書き方や理由について

例文に関しては色々あるのでネットを検索すればすぐに出ることですが、一番許可されやすい理由は、先ほども申し上げた通り「経済的な事情によるもの」です。

題名「アルバイト許可願い」

例文「貴校に通う長女の○○ですが、将来を見据えて大学進学を考えている段階でございます。経済的な事情により、大学進学にかかる費用の少しでも足しになるよう、アルバイトをしたいと考えています。勉学に支障がない範囲でならと親も認めたいと考えているため、貴校に置かれましても許可をしてくれると幸いです。ご賛同を頂けることを願いたいく、アルバイト許可申請としてお願いいたします。」

右端に保護者氏名を記入し、認印で捺印を押すといいでしょう。

封筒はもし子供が直接学校側へ渡すのであれば、白紙封筒に入れ「アルバイト許可願いを親に書いてもらいました」と言って渡すだけで問題ないでしょう。

郵送する場合は、学校名に御中、学校長名に○○校長殿とフルネームを記入し、左下に「アルバイト許可申請書在中」と書いて普通郵便で送ります。

学校がアルバイトを禁止にする理由について

経済的な事情なら学校側も許可せざるえないのが現実ですが、多くの学校は学生のバイトを禁止しています。それはなぜなのか。

結論を言えば、バイトをすることで勉強に支障がでてしまうのではと危惧するからです。

しっかり勉強し、留学や退学せずに無事に卒業してもらいたいというのが学校側の願いでもあるのです。
有名大学に積極的に進学させたい学校もありますし、バイトをしているとその分勉強できないのではと考えるためバイトを禁止しているのです。

ただ実際にバイトをする学生みんなが勉強に支障がでるとは言い切れません。

まったく邪魔にならないといったらうそになりますが、募集している希望もしっかりと対応しているところも多く、テスト期間中は休ませてくれたり、シフトを考慮してくれるところがほとんどです。
あまり心配する必要はないのかもしれません。

ただ、学校が終わってからバイトをするとなると、家へ帰るのが遅くなってしまうため、犯罪に巻き込まれてしまう可能性も高くなります。

バイトをはじめて新しい世界が見えてくるでしょう。不良グループと出会い一緒に遊ぶようになって、仲間になってしまう事だってあります。そういったリスクを避けるためにも、禁止を掲げているのです。

アルバイトの志望動機はこのように書こう!

志望動機に使える例文については、業種に合わせて調整する必要はあります。例文を参考に、あなたが考えて例文を完成させましょう。

「仕事内容に強い関心をもったことが志望した理由です。興味がある業界でもあるので、今のうちから現場を学ぶことで自分のためにもなると思ったからです。アルバイトという立場にはなりますが、きっと自分にとって貴重な経験になると思います。仕事をするからには責任を持って働かせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

「志望動機は、通学路にあるため時間の調整が行いやすく、勉強と両立できそうだと考えたからです。時間が調整しやすいと早く仕事も覚えるだろうし、緊急のシフトが入っても即座に対応もできると思います。社会勉強をするつもりで頑張りますのでよろしくお願いいたします。」

「職場環境や時給などの待遇に惹かれたのが志望した理由です。きっと毎日充実してアルバイトに打ち込めることと思いますし、モチベーションも保つことができると考えています。素晴らしい条件に見合うようこれから頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

いかがでしょうか?
前向きな姿勢を見せましょう。あなたの熱意もきっと伝わるはずです。

 - 勉強・仕事