家庭菜園の土の中に幼虫が!白い幼虫の正体はコレだった

最近は家庭菜園をしている方を多く見かけます。家庭菜園での大敵は害虫!土の中に白い幼虫を見かけたら、それはコガネムシかもしれません。 コガネムシが悪さをするのは成虫だけではありません。幼虫も野菜などを枯らしてしまう恐れがありますよ。 また白い幼虫と言えばクワガタやカブトムシなどもいます。 コガネムシとカブトムシの幼虫はどうやって見分けたらよいのか?見分け方についてもご紹介いたします。

土の中の白い幼虫はコガネムシかもしれません

家庭菜園をしているときに土の中から虫が出てくるとどんな被害があるのかどうすれば良いのか困りますよね。

土の中に白い幼虫がいる場合もしかしたらコガネムシの幼虫かもしれません。特徴を確認してみましょう。

コガネムシの発生する時期は5月から11月頃です。未熟な有機物を使うとそこが産卵場所になってしまいコガネムシが発生します。

幼虫は7月から10月頃に野菜に被害を与えるようになります。そして、春の終わり頃から夏にかけて成虫が現れます。

コガネムシはいろいろな植物に寄生する害虫なので駆除するのが難しいです。また、コガネムシのフンの匂いで他のコガネムシを呼びどんどん数が増えていきます。

成虫を処分しないでそのままにしていると卵を産んでしまい、翌年に大量に発生してしまいます。見つけた場合には処分するようにしましょう。

土の中の白い幼虫を見つけた。コガネムシならこんな被害があることも

土の中から出てきた幼虫がコガネムシの場合どんな被害がある?

  • コガネムシの成虫が飛んできて株元で卵を産みます。そして孵化した幼虫は土の中に入り根を食べます。
  • コガネムシの幼虫に根を食べられて根が少なくなってしまい元気がなくなります。
  • また、土の中で活動するので土が柔らかくなってきます。土が細かくなり鉢から落ちやすくなります。そして土の量も減ってきます。
  • コガネムシの幼虫は特に細い根を好んで食べます。なので、株に勢いがなくなっていき、水を与えてもすぐにしんなりしてしまうようになるのです。

このようにコガネムシの被害にあうのが毎年という場合もありますし、去年は被害に遭ったけど今年は大丈夫だったという事もあります。

良質の有機物が入っている良い土ほどコガネムシは好むので家庭菜園をする上では悩むところですよね…。その他、コガネムシの成虫があつまりやすい光が多い場所や、近くに山などがある場合には被害が多い傾向にあります。

土の中から雑草を駆除!白い幼虫コガネムシが役に立つ

上では害虫になるコガネムシの幼虫についてを説明してきましたが、コガネムシの幼虫をうまく使う方法もあるのです。

夏から秋にかけて家庭菜園などで使った土ってどうしているでしょうか?株を引っ張って土の上に出ている部分の処理は出来ても土の中は小さな根などが残り処理するのは難しいものです。

そこでコガネムシの幼虫の登場です。ここに幼虫を入れておくのです。すると残っている根を食べてくれる可能性があるのです。

家庭菜園の場合には、次にこの土を使う時には作る野菜の害虫になってしまうので中からコガネムシの幼虫を取り出す必要があります。

また雑草の下に入れておくと雑草の根を食べて枯らしてくれる期待もできます。

雑草の駆除のために使う場合には幼虫を取り出す必要はないのでいいですが、成虫をよく見かけるようになるかもしれませんね。

土の中にいる白い幼虫がカブトムシの場合、害虫との見分け方

土の中にいる白い幼虫…。コガネムシではなく他の虫の可能性もあります。同じ白い幼虫でも大きさで種類を見分ける事が出来ますよ。

色々な種類がいますがコガネムシの幼虫の場合、小ぶりで大きくても5㎝くらいです。

しかし、同じ白い幼虫でもカブトムシの場合は10㎝くらい幅も1㎝以上とかなり大きい幼虫になります。

クワガタも種類によって大きさが変わりますがオオクワガタの場合にはさらに大きい幼虫になる事があります。

このように大きさで判断できるのですが、カブトムシもクワガタも最初は小さいので見た目ですぐ判断するのは難しいです。

しかし、しばらく様子を観察することでなんの幼虫かを判断することが出来ると思います。

大きさで見分ける他に動きで見分けることもできます。

土の中から取り出すと幼虫は体を丸くします。胸のところに足が6本ついていますが、チョウやガの場合にはお腹のところに足がありません。なので、動く時にはお腹を引きずって移動します。カナブンの幼虫の場合には背中を下にして移動します。体をうねうねさせながら這って移動します。このような特徴があるので、土の中に気になる幼虫がいたら様子を観察してみましょう。

コガネムシの幼虫の農薬を使わずに駆除する方法

Grub Worms or Rhinoceros Beetle grow in soil on farm which agriculture gardening. Worm insects for eating as food, it is good source of protein edible. Environment and Entomophagy. 出典:123rf

家庭菜園にコガネムシの幼虫がついてしまった場合どのように駆除すればいいのでしょうか?

農薬を使うのがいやだという場合もありますよね。そんなときはどうすればいいのでしょうか?

プランターを使うなどして育てている場合と地植えしている場合とでは駆除の仕方が違います。

プランターを使っている場合には簡単です。株をプランターから出して幼虫をすべて駆除します。

そしてプランターの土を新しいものに変えれば駆除完了です。その後再び卵を植え付けられないように気をつけましょうね。

地植えの場合には土を取り換える事が出来ないので卵を植え付けられないようにすることが大切です。

そしてすでにつけられている場合には幼虫の駆除をし、さらに成虫を捕獲できるようなトラップなどを仕掛け、卵を植え付けさせないように気をつけながら幼虫を駆除していきましょう。