悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

知らないと恥ずかしい!正しい来客時のコーヒーの出し方とは

2018.3.18

働く女性のほとんどは、仕事中、来客時にはコーヒーを出した経験がありますよね。

そんなコーヒーの出し方も実はビジネスの世界ではとても大切なものです。

ここでは、正しいコーヒーの出し方や、注意点をはじめ、マスクをして仕事をしている時のコーヒーの出し方などをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

ビジネスにおける来客時の正しいコーヒーの出し方とは?

会社でお客様が来客された時、コーヒーやお茶を出すのがマナーですね。

どのように出すのが正しい出し方なのでしょうか?そんな疑問について、今回調べてみました。

  • お茶とコーヒーどちらが良いかあらかじめ聞いて置く。
  • コーヒーをカップに入れる分量は、7分目くらいの量にし、お皿にミルク・砂糖・スプーンを置く。
  • コーヒーカップの持手は、お客様の方へ向けておく。

出し方としては、失礼しますと声をかけ一礼し、お客様が複数の場合はその中でも立場が上の人からコーヒーを順に出していく。

出し終えたら、商談の話しをしている最中であれば、一礼して立ち去りましょう。

※コーヒーやお茶を入れる際に7分目くらいにする理由は、逆にギリギリまで飲み物を入れてしまうと、「早く帰れ」という意味を知らせていると言われているのです。

また、お茶をギリギリまで入れてしまうと、持つときにコップが熱すぎて飲めないと言う事にもなるので、7分目くらいの量にするように注意しましょう。

来客時の正しいアイスコーヒーの出し方とは?

涼しい季節になると、会社に来客されたお客様にアイスコーヒーを出す会社も多いかと思います。

正しいアイスコーヒーの出し方

まずどんな時も、「失礼します」とノックし一礼してから出します。お客様がたくさんいる時には、立場が上のお客様から順に出してきます。会社の社長でも出すのは、お客様のあとになります。

テーブルにアイスコーヒーを出す時の順序

まずはコースターをテーブルに置き、アイスコーヒー、ストロー、ミルク、ガムシロを置きましょう。

人数が多い場合や、テーブルが狭い時にはストロー、ミルク、ガムシロが入るような容器を用意しておきます。

飲み物を出すのに時間がかかるのも見苦しいと思われてしまうので、スムーズに行います。

さらに、紙ナプキンや使い捨てのおしぼりなどを添えるようにしましょう。

来客時のコーヒーの出し方で注意する点

お客様が来客し、コーヒーを出そうとしたら数が足りないなんてことはありませんか?

そんな時にはどのように対応すべきなのでしょうか?

コーヒーの数が足りなくなってしまった時は?

そんな時には焦らなくても大丈夫。以下の方法で慌てず、対処しましょう。

まず用意してある分の飲み物を、立場が上のお客様から順に出してきましょう。
会社の人に用意した分もお客様へお出ししたのち、「改めてもうひとつお持ちします」と断りを入れ退席し、改めて持っていきましょう。

その際にお茶はいらないと言われた場合には、出さなくても良いでしょう。

もしお茶を出す際に机に資料などでいっぱいで出すスペースがない時には、その場にいる下座の社員さんに「お茶を、お出しする準備をさせてもらってよろしいですか?」と暗にスペース確保のお願いをするようにしてください。

お茶出しは苦手と思う方も中にはたくさんいるかと思いますが、その時に早く終わらせたいと言う気持ちから、態度や表情に表れてしまうこともありますので、お茶出しは大切な仕事の一つでもあるので、常に余裕を持ち、微笑みを絶やさないように心がけることが大切です。

マスクをしたままでお茶だしをしても大丈夫?

マスクをしたままお客様にお茶だしをしても大丈夫?と思うことはないでしょうか?
そんな時、つけたままお茶だしをするのはどうかな?と悩んだら、担当する会社の社員に風邪や花粉症でマスクが外せない旨を事前に伝えておきましょう。

そしてお茶出しをする際に、「すいません、体調が悪くうつるとよくないのでマスクのままで失礼します」とフォローを入れてもらうようにしましょう。

その際に、「マスクのままで大変恐縮です」と謝罪した上で、お茶出しをするようにすれば良いでしょう。

やむを得ない事情であれば、お客様も鬼ではないので、普通は許容してくれるものですが、中にはたまに度量の狭い方もいるかもしれません、その際には、誰かにかわってもらうなどの方法で、お客様にとって一番迷惑をおかけしない方法をとれば良いのではないかと思います。

来客時のコーヒーの出し方が大切な理由と2杯目を出すタイミング

企業に来客されたお客様へ、コーヒーを出すのは日本ならではのおもてなしとされています。

なぜコーヒーをお出しするのか?

その理由はお客様に、「自分は歓迎されている」「大切に扱われている」といった満足感を得てもらうという点にあると言われています。

なので来客があった場合のコーヒーの出し方などのマナーは、実はとても重要な業務とされているのです。

お客様が打ち合わせや会議などで来客された場合、時間が長引き2杯目のコーヒーを出す時にはどのタイミングで出せば良いのかと頭を悩まことはありませんか?

2杯目を出すタイミングは?

そのタイミングについて調べて行くと、2杯目のコーヒーは1杯目を出した30分後がベストとされているのです。

しかし、30分後にお茶を出そうとした時に会議が佳境を迎えている最中や、会議資料が並べられている状況で出すのは、妨げになってしまいますのでそうならないためにも、会議が一段落ついた頃に出すのが良いですが、あらかじめ会社の社員の方に、必要な時に声をかけてもらうなどを事前に打ち合わせしておくと、良いチームワークでベストな状態で出すことができるのも、良いかもしれませんね。

状況を見払って臨機応変に対応するというのが一番良い方法かと思います。

 - 勉強・仕事