領収書の保管期間は?一般家庭の保管期間の目安について

公共料金の支払いや、税金や保険の支払いなどの領収書って、そのままだとどんどん増えていき保管に困ってしまいますね。 家庭での領収書って、保管期間はどのくらいなのでしょう? 大体の目安と、整理の仕方や保管方法を紹介します。 また最近では、家計簿をつけるというほかにスマホなどのアプリを使って管理する人も増えています。

家庭の領収書は何年とっておく?保管期間の紹介

企業だと領収書をもらうのは当たり前ですが、家庭の場合は自営業でない限りあまり領収書をもらうことはありませんよね。

しかし、家庭内でも公共料金やその他の領収書はもらうと思います。その保管や保存期限について調べてみました。

  • 国税・地方税・水道料金・家賃・・・5年
  • 医療費・・・3年
  • リフォーム工事費・・・3年
  • ガスや電気の領収書の保管期限・・・2年
  • 国民年金保険料の領収書は、老齢年金をもらうまで保存していく。

あくまでも目安なので、参考にしてください。

これを見ると水道料金が5年の保存期間ってとても長いと思いますよね?
これについては本当の意味での公共料金なので、長くとっておく理由は「水道料金が高いなどという理由」で水道局に異議申し立てをできる期限と言うことが調べていくうちにわかりました。

なので、異議申し立てをすることがない方は、5年より前に捨てても問題ありません。

家庭での領収書の保管期間、クレジットカードや大型家電の場合

クレジットカードの利用明細は、毎月送られてくるのをしっかり確認して破棄する派ですか?それともネットでのペーパーレス派?でしょうか?

どちらにしても、レシートや銀行口座からの引き落としの金額を照らし合わせてから処分しても良いでしょう。

その他にも、保管する際に大型家電の領収書などはどう保管していますか?
我が家の場合は、保証書と一緒にホチキスでとめて説明書と一緒にファイルに保存しています。

こうすると、どこにあるか家族の誰もがわかるので、おすすめです!
万が一修理する事態になっても、すぐに探せて便利です。

また、家計簿をつけている人であれば、領収書をノートに貼って保管する方法も良いですよね。

今はスマホなどのアプリで写真をとる方法などもいろいろありますので、ご自分にあったもので保管するのが良いかと思います。

家庭の領収書の保管期間と目的は?

気が付くとレシートや領収書や書類など、たくさん溜まってしまうことはありませんか?
公共料金の支払い明細など、保管しようと思いつつ破棄するタイミングを逃しゴチャゴチャになりがちですよね。

そんな時は次の項目を参考に整理整頓していきましょう。

領収証の片付け方や破棄のタイミング

  • 目的を決める・・・どのくらいの期間取っておく目的を明確にする
  • 期限を決める・・・法律で定められている保管期間をきちんと調べ、必要なくなったらすぐに捨てる。

以上の保管の目的と期限を決める事により、溜まった書類をきちんと片づけることができるでしょう。

もしも捨てても大丈夫かと不安になる場合には、過去に無くて困った事があったかを思い出してみましょう。

ただ取って置いても、溜まる一方で片付けることはできませんので、クレジットカードの明細書なども、ペーパーレスに変えてネットで見る方法などを検討する方法も整理する一貫の方法です。

領収書などの書類を片付けるコツ!

必要な書類や領収書は一箇所で管理する

スマートにスムーズに収書などの書類を上手に片づける方法はあるのでしょうか?

まずはあちこちに置いてある、残り残さず書類を集めてみましょう!

テーブルに置いたまま、冷蔵庫に貼ってある請求書や置きっぱなしの郵便物、カバンや財布に入れっぱなしの書類やレシート類。

ここで書類を集めるときのポイントは、しまっている書類を見落とさないことなので、徹底的に探しましょう。

一番良い方法はダンボールや箱などを用意して、一か所に入れる置き場を作ると、あとあと片づける時も便利ですよ!

書類を集めたら、全ての書類を出し保管するもの、しないものを選び分けましょう。

定期的に必要書類を選定すること

ここでの大きなポイントは、本当に必要である書類を選ぶこと。本当に必要な物だけを残すようにしましょう。

特にダイレクトメールやチラシなどは、有無を言わず捨ててしまいましょう!

いつか必要になる?と思うものは絶対に必要ありません!

領収書やレシートの保管の仕方!

A young man with a bag of groceries checks and examines a product receipt after buying food at a grocery store. Man studies a groceries checks while standing in her kitchen. 出典:123rf

領収書やレシートをきちんと保管するには、どんなものが良いのでしょうか?
きちんと残しておきたいレシートや保存書類を一つにまとめられるものがあると、とても便利ですよね。

ある文具メーカーから出されている、領収書やレシートの保管が一冊にまとめられる「領収書ファイルシリーズ」がるようで、これは、書類が入れやすく分類も簡単です。

このファイルの良いところは、全部保管することができて安心でき、整理するやる気が起き長続きする効果が見られるよう!

レシートは12ヶ月に分けられて専用ポケットに入れるだけ!
その月のレシートがまとまっていれば、探すのも簡単にでき期間が過ぎたら、廃棄するのも簡単にできます。

あちこちに分散しないことで、簡単に整理でき収納も抜群なのです。