悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

ゲーム会社に就職するための大学選びや、就職の難易度について

2018.3.25

卒業後はゲーム会社に就職したいと考える人もいるでしょう。

大学へいかなくとも、高卒でゲーム会社に就職する事はできるのでしょうか?そもそも難関大学に入らないとゲーム会社には就職出来ない?

ゲーム会社就職を目指すあなたが知っておきたい情報をお届けします。

大学卒業後はゲーム会社へ就職したい!その難易度とは

ゲーム業界に就職する難易度は高めだと思います。

元々ゲームが好きな人などに人気の業界であるとともに、ゲーム業界の年収はサラリーマンの平均年収よりも高額で有名な大手だと800~900万円台という企業もあります。若くても本人の能力次第で収入を得ることが出来るため、倍率が高くなっています。

高収入というメリットがある一方、ゲーム業界に就職を考えている場合は、ゲーム業界のデメリットもしっておきましょう。最近は昔ほどヒット作品が出ないことで苦しんでいる企業も多いです。そのため、就職後にスキルアップなどを目的に同業他社に転職しようと思っても年収が下がってしまう場合もあります。

ゲームが好きな事は就職するための必須条件ですが、それだけでは足りません。プログラミング技術や学歴、コミュニケーション能力なども求められる場合があり、人気企業では倍率が50倍となることも珍しくありません。

ゲーム会社に就職する為には、超難関国立大学に入らないとダメ?

うちの学校は難関国立大ではありませんが、ゲーム業界へ就職する人も割といます。各社の採用実績を調べてみると分かると思いますが、難関国立大以外の採用実績が見て取れます。

ゲーム業界への就職に有利なのは出身大学よりも実務のスキルだと思います。特にゲームの製作に携わりたいならプログラミングなどの技術を身に付ける必要があるでしょう。

ゲーム業界に採用されるのは情報科学系の学部出身が多いですが、理工系の学部であれば可能性はあると思います。どの学部に通ったとしても、大切なのはどんなスキルを身に付けるかです。サークルや研究室などなんでもいいですが、自信をもってアピールできるスキルや経験を身に付けることが出来るかどうかが就職に役立つことになります。

基本的に、就職を希望する会社のゲームはやったことがあるのが前提だと思います。ないと選考で不利になる会社もあるようですが、なくてもそれ以上にうちの会社に欲しいと思われる人材であれば選考に影響しない場合もあります。

なお、技術面だけでなくコミュニケーション能力や学生生活を楽しむことも大切だと思います。

大学へ行かなくても、ゲーム会社に就職することは出来る?

ゲーム業界の会社に勤めています。
うちの会社に高卒の人はいますし、毎年数名は高卒の新卒を採用していますので、高卒でゲーム業界に就職出来る可能性はあるということです。

ただし、ゲームの会社には開発系のゲームを作る人以外にも事務や営業などゲームを作る事に直接かかわることがない人も働いています。

私はうちの会社にいる高卒の人が身近にはいないので、高卒の新卒で入社して何の仕事をしているかはわかりません。もしかしたら、高卒の採用枠は事務などの可能性もあります。

また、会社によっては応募条件が大卒や専門卒と限っている会社もあります。自分が就職したいと思った会社が高卒でも採用しているかどうか確認してみた方が良いでしょう。

さらに、大卒や専門卒でもゲーム業界の就職難易度は高めですが、高卒の採用枠はもっと少ないと思うのでより難易度が高く一握りの人間しか採用されないと思います。

高卒でゲーム業界に就職する事は可能でも、特に開発に携わりたい人は大学や専門学校に進学して就職を目指す一般ルートのほうが就職出来る可能性は上がるでしょう。

ゲーム会社に就職したい場合、専門学校や大学卒業が条件になることも

ゲームを作る開発職は専門学校や大学卒業以上の学歴を求める会社が多いです。

ゲーム業界には誰もが知っている大手の有名ゲームメーカーとゲームメーカー出身者が独立して起業した小規模なゲーム制作会社などがあります。

大手は比較的定期的に採用をしている割合が高いですが、小規模な会社は随時となる場合があります。ただし、小規模なゲーム制作会社でも多くの場合は専門学校卒業以上の学歴が応募条件、または有利になっているのが現実でしょう。

もちろん、大学を卒業しないとゲーム業界で働くことが出来ないわけではありません。しかし、ゲームの開発職に求められるスキルは専門知識が必要となるので、専門学校や大学で知識を学ぶ人が多いです。

また、大手の場合は大卒が必須条件になっている場合もあります。大卒が必須条件でも学部まで限定されることはあまりありません。

ちなみに、ゲーム業界には開発以外にも企画、総務、人事、広報、営業など様々な仕事があります。企画や事務系などの仕事がしたい場合は大卒の方が有利となる場合も多いようです。

ゲーム業界の採用の傾向としては学歴よりもスキルもたいせつですがそれ以上に熱意、思い入れ、姿勢、センス、発想力などが重要視される傾向にあると感じます。

しかし、どんなに熱意や思い入れがあっても応募条件に届かなければ書類選考を通過することも難しいとおもいますので、自分の志望会社の応募条件は満たすようにしましょう。

文系の大学に入っても、ゲームプログラマーに就職することは出来る?

文系でもゲーム業界のプログラマーになれるか?という質問を見かけることがありますが、「なれる」「なれない」の二択なら「なれる」です。

なぜなら、ゲーム業界の応募条件に大卒以上などの学歴の条件があっても学部を指定していることはほぼないからです。

しかし、文系出身のゲームプログラマーが実際どれ位いるか?というとかなり少ないでしょう。ほとんどは理系出身です。

プログラマーになるために必要なスキルといえばプログラミングですが、理系が授業で習うのに対して文系だとプログラミング授業はない場合がほとんどです。

理系でプログラミング授業がある場合は毎日パソコンに関係する勉強を行うのに対して、文系の場合は自分でその時間を作らなければなりません。

理系の人と同じかそれ以上に勉強したり技術を身に付けることが出来れば、ゲームのプログラマーになれる可能性もあると思います。

 - 勉強・仕事