悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

パイナップルなどの缶詰の賞味期限について紹介します!

2018.5.22

パイナップルの缶詰の賞味期限が切れている・・・

この場合、缶詰はもう食べれないの?それともまだ食べても大丈夫?

缶詰の賞味期限について紹介します。

賞味期限が切れていても、開封していなければ保存する事が可能なのでしょうか?
缶詰の賞味期限が切れている時に注意する事、保存がきく缶詰の製造工程についてなどもまとめてみました。

パイナップルの缶詰の賞味期限が過ぎてる…缶詰の賞味期限について

家にある缶詰、ずっと置いてあり気が付くと賞味期限が過ぎている!なんて事はありませんか?

缶詰の賞味期限は、蓋に日付が表示されていますよね?
これは、この日付までは美味しく食べられる事をメーカーが保証しますという意味です。もし、この日付を過ぎても、すぐに食べられなくなるのではありません。

缶詰は密封状態なので、賞味期限が経過しても開封していないのなら、まだ保存する事ができます。
しかし、味は劣化していくので気をつけてください。

缶詰は適切な保存方法をすること

賞味期限を過ぎても食べられますが、注意してほしい事は保存方法です。
保存状態が悪いと、缶がさびてしまったり、穴があいて雑菌が入ってしまうかもしれません。
缶を開ける時に、賞味期限も確認して、そしてさびついていないか、缶がふくらんでいないかを確認しましょう。
ふくらんでいるのは、中身が汚染されてガスが発生している事が原因かもしれませんよ。

パイナップルなどの缶詰の賞味期限についてちゃんと理解していますか?

パイナップルなどの缶詰の賞味期限がきれてる、でも食べれるの?

先程もいいましたが、缶詰の賞味期限とは、この日付までは美味しく食べられますよという期限です。
安全のために、味が落ちてしまう期限よりもかなり前の表示になっているのです。なので、ちょっと期限が過ぎてもまだ美味しく食べる事ができるでしょう。
ちゃんとした保存状態なら、さびたり、穴が開くこともなく、腐らないのが缶詰です。
でも、適切な環境で保存できたのかわからないようなずっとある缶詰は、食べないほうがいいのかもしれません。

また、缶詰は「賞味期限」ですが「消費期限」とはどんな食品に表示されているのでしょうか?

これはお弁当やお惣菜などの、鮮度の落ちやすい食品に表示されています。
これも賞味期限と同じく、安全のためにかなり前の表示になっていますが、これはこの期限内に使いきりましょう。

パイナップルの缶詰の賞味期限が切れている!注意する事とは!

気が付いたら、ずっと家にあるパイナップルの缶詰の賞味期限がきれている!
なんて事、ありませんか?私もつい最近ありました。

でも、ちゃんと保存して破損もないのなら、10年経っても大丈夫と言われるくらい安全な食べ物と聞いた事があります。
なので、食べても大丈夫でしょう!

食べても安全な時の条件とは?

それは、膨張していない缶、さびたり腐食していない缶、歪んだり穴が開いていない缶です。

密封されていない缶詰は、食べないほうが安全ですよ。

りんごなどは注意してください!賞味期限がきれて長期間放置していた缶詰が破裂した事があるそうですよ。酸と鉄が反応する事が原因です。

また、明らかに変色していたり、変なにおいがする場合も食べるのはやめてください。
食べてみて、なんか味がおかしいと思った時も諦めましょう。

パインの缶詰があまった・・・数日たっているけど大丈夫?

パインの缶詰があまってしまいどうしたらいいのでしょうか?

缶詰が大きくて、一度に食べ切れなくてあまってしまう事ってありますよね?
果汁も一緒にそのまま冷蔵庫に保存しているものを、なにか使えるレシピがあれば知りたい!なんて人もいるでしょう。
また、そもそも冷蔵庫で保存していても食べても大丈夫なのかも心配になると思います。

開封済みのパインの缶詰の日持ちは?

パインの缶詰は、砂糖漬けなのでもつと思いますよ!
ただ、1日から2日ぐらいだと思います。
缶の錫めっきが溶けて味がおかしくなる場合があるので、密封容器かガラス容器に入れて保存してたら、数日は持つでしょう。私は食い意地がはっているので、味がおかしくても食べた事があります、そして蕁麻疹も出た経験があります!!!

もし数日以上保存するの場合は、冷凍してみてはいかがですか?
パイナップルアイスみたいでおいしいですよ!

缶詰はどうして保存がきくのでしょうか?製造工程について紹介します!

どうして缶詰は保存がきくのでしょうか?家には、まだまだ賞味期限が先だ!という缶詰がたくさんあります。

保存ができる缶詰の製造工程について

まずは、材料を調理して、調理済みの食材を缶に詰めます。生の食品は缶詰にする事はできませんよ。その理由は、熱で殺菌する必要があるからです。

缶に詰めたら、缶の中の空気を抜きます。これは殺菌する時に缶の中の空気が膨張して破裂しないようにするためです。

つぎに、缶に蓋をします。空気が入らないように完全に密封しますよ。

この缶を熱して熱で消毒するのです。これで、缶の中は完全に無菌状態になります!

製造工程を聞いてお分かりいただけましたか?
缶詰の保存効果が高いのは、熱で消毒しているからなのです。缶の中は無菌状態なので腐る事がないのです。これが、缶詰の賞味期限が3年ぐらい長くする事ができる理由です。

 - ライフスタイル