悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

ピアスが入らない!上手に入れるコツは?ピアスを入れる方法

2018.6.24

ピアスをしようと思ったら、中々穴に入らないということもありますよね。特に少しの間ピアスをしてないと、穴の出口を見つけられないこともあります。

無理やり入れてしまうと怪我をしてしまうこともありますので、力任せに入れるのはやめましょう。

そこで、今回はピアスが入らないときに上手に入れるコツについてお伝えします!

ピアスが入らない!上手に通すコツは?

ワセリンやクリームを潤滑油の代わりに使ってピアスを入れてみましょう。

ピアスの穴の中に入るように耳たぶに塗り込み、ピアスの棒の部分にも塗ってスムーズに入るように準備をします。

ピアスを上手に通すには以下の手順で

  • ピアスをぐっと差し込んで耳たぶの裏の部分を指で押さえ、ピアスの先端が出てくる場所を探す。
  • 先端を探り当てることができたら、そのまま強く押し込む。
  • 痛みが出ますので、無理やり押し込んで痛い場合はやめましょう。
  • ピアスを裏側から入れてみる。意外とスムーズに入ることが多いです。
  • ピアスを回しながら入れる。ドリルのようにして入れてみると入ることがあります。痛みが出ることもあるので気をつけて行いましょう。
  • 自分ではなく他人にやってもらうという方法もあります。容赦しない人であれば、一気に通してくれるかもしれません。

ピアスを通すことができたら、消毒をすることも忘れないでくださいね!

ピアスが入らない!入れるコツは?入らない原因をチェック!

ピアスの穴を開けたあとに塞がってしまった
どのくらいピアスをしなかったかにもよりますが、1周間程度でしたら完全に穴が塞がることはありません。
穴が閉じかけている状態なので、対処を行うことはできます。
ですが、ピアスを開けてから1ヶ月以上時間が経過している場合は、穴が塞がっていることも考えられます。
無理にピアスを通そうとすると傷になってバイキンが入り、化膿してしまうこともあるので注意しましょう。

ズレて入れようとしている
ピアスを真っ直ぐに刺せていない場合、ピアスがなかなか入らないこともあります。
ピアスを入れるときに痛みを感じる場合は、ズレて入れている可能性もありますので、ピアスホールの位置を確認しながら入れてみましょう。
位置を確認してからピアスを入れたほうが痛みもなくスムーズに入れることができます。

ピアスが入らない!入れるコツは?入らない時は穴が塞がった可能性も

ピアスを付け替えようとしてピアスホールに入れた時、なかなか入っていかないこともあります。

そして裏側の出口が見つからずに入れられないということもありますよね。

自分でピアスの穴を開けた場合、斜めに開けてしまうことがあるため、なかなかピアスが入らなくなることもあります。

出口が見つからない時は耳たぶの裏側を指で押さえて出口を探すと良いです。

このとき、少し痛いこともありますが、ピアスホールの中に皮ができていれば痛みを感じることもありません。

ですが、出血しているのにも関わらず無理やり入れようとすると、そこからバイキンが入って耳が化膿してしまうこともあります。

出血している場合は無理にいれることはやめましょう。

バイキンがはいると、次にピアスの穴を開けることが難しくなります。

出血していたり化膿している場合は、専門の機関を受診して正しい診断を仰ぎましょう。

ファーストピアスからセカンドピアスへの移行の仕方

ファーストピアスからセカンドピアスへ移行する期間は、ピアスの穴が完成してからになります。

まだ完成していないのに移行することはやめましょう。

移行する場合は、痛みやかゆみ、分泌液が出ていない状態で、なおかつホールが乾いていることが大切です。

ファーストピアスを外すときにキャッチをずらしてポストを回してみましょう。その後に前後にずらし、問題がないようでしたらセカンドピアスに移行をしても大丈夫です。

1ヶ月ほどたったら早くセカンドピアスに移行したいと思う人も多いですが、完全にホールの穴が完成する前に移行するとトラブルが起きてしまう原因になります。

  • ピアスを装着する時は、装着するのになれるまでは鏡の前でゆっくり行うようにしましょう。
  • 人差し指と中指でホールを挟んで裏側のホールに親指をあててホールを開き気味にして差し込みます。

こうするとホールが安定して差し込みやすくなりますよ!

キャッチを付ける時は、まっすぐつけるようにしてくださいね。
軽く耳たぶに触れる程度の位置で止めましょう。

圧迫しすぎると耳たぶに負担がかかってしまいます。

ピアスの穴は病院やピアススタジオで開けてもOK!

病院
ピアスの穴は皮膚科や耳鼻科、美容外科で開けることができます。
ですが、これら全ての病院で行っているわけではありませんので、事前に確認をしてから行くと良いでしょう。
病院で穴を開ければ、清潔な状態で穴を開けることができます。
値段は2,000円~5,000円くらいのことが多く、保険の適用にはなりません。
自分で開けるのが怖いという人におすすめです。

ピアススタジオ
ピアススタジオでは、病院では開けてくれない場所にも穴を開けてもらえます。
ピアスの専門家がいますので、ピアスに関する疑問を色々と聞けるのもメリットになります。自分が一番安心する方法でピアスの穴を開けるのが良いですが、その後のケアのことなどを考えると病院で開けるのが一番良いでしょう。

 - ファッション・ビューティー