メガネが似合わないのは鼻が原因?理由や対処法について

目が悪い人にとっては必需品のメガネ。そんなメガネが似合わないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか? 鼻が低いと似合わないとよく耳にしますが本当なのでしょうか?鼻が高ければ似合うものなのでしょうか? ここではメガネが似合わない人の特徴や対処法についてなどをご紹介します!選び方についても紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

メガネが似合わない?鼻を高くみせる方法!

私は目が悪いのでメガネが欠かせないのですが、めがねをかけると目がとても小さく見えてしまうのが嫌です。

目が悪く矯正度数が高くなればなるほど鏡に映る自分の目が小さく感じます。

目の印象を変えないフレーム選びとは?

そんな時はめがねのフレームに気をつける事で目が小さいという印象を和らげる事ができます。

その方法は大きなフレームのメガネではなく、小さめのフレームを選ぶと良いという事です。

周りが小さければ自分が大きく見えると言った原理を利用するもので目の大きさは変わらないのでフレームを小さめにすることで目を大きく見せると言った方法です。

大きなフレームが流行っていますがフレームは大きくするほど、目は小さく写りますので目元の印象を大きく見せたい人はご注意下さい。

鼻が高くてもメガネは似合わない?

メガネが似合う人は鼻が高いように感じますが、鼻が高いことでメガネ選びが大変になってしまうこともあります。

鼻が高いとメガネ選びが難しくなる事も?

その理由は鼻が高いとメガネと目の位置が離れがちになってしまうからです。
この目とメガネの距離を「頂間距離」というのですが近視のレンズを使っている場合はこの目とメガネの距離が開いてしまうため、より目が小さく写ってしまうのです。

女性の場合は目を大きく見せたいと考えるでしょうから小さくなってしまうのは避けたいところですよね。

ですからメガネの場合は鼻が高いよりは低いほうが目は大きく見えるという結論にはなります。ですが全体的な美しいバランスで見れば鼻は高いほうが似合うように見えるのかも知れませんね。

鼻が低い、高いではなく顔の形に合ったメガネフレームと言うものがありますので、まずはそこを考慮して似合うメガネを見つけるようにしましょう。

メガネが似合わない?鼻が低くてずり落ちてしまうときの対処法

鼻が低いからメガネが似合わないと悩んでいませんか?それはおそらく原因がメガネの形が合っていないのだと思われます。

自分の顔の輪郭に合ったメガネを見つける事ができればきっとメガネが似合わないと悩むこともなくなるのではないでしょうか。

また鼻が低い人の場合はメガネがずれて落ちてきてしまう事があると思います。そういった時は自分の鼻の高さに合うパッドなどをあらかじめつけてもらうと良いでしょう。

ただし今はノーズパッド一体型も多いので、ずり落ちが気になるときはしっかり合っているのか、または一体型を避けるかをよく確認してから購入するようにしましょう。

メガネには似合う黄金比というものがあります。その時代で流行するメガネの形はあるのですが日常的にメガネをかける人は流行りに流されず自分の輪郭に合うメガネの形を選ぶようにしてみて下さい。

メガネが似合わない人の特徴について

目が悪い人にとってメガネは生活する上でなくてはならないものでしょう。当初は物をはっきり見ることが出来るアイテムのひとつでしたが今の時代はメガネ自体がファッションの一部として定着しています。

メガネが似合わないケースもある

特に太っている方はメガネを上手く選ばないとスタイリッシュに見せることは難しいでしょう。メガネのサイズをしっかり顔の大きさに合わせて作らないと顔に当たってしまい痛い思いをするかもしれません。

女性でも目が小さい女性はメガネをかけることでより目が小さくなってしまうのでメガネをかけるとダサい印象になってしまいます。目が小さい分には女性なら濃い目のメイクで目を大きくすることは出来るかも知れませんが、太っている人が痩せることは簡単ではないですよね。

スマートにメガネが似合う人物になりたいのなら標準体型を維持するように心掛けましょう。

このようにメガネは便利ですがファッション性としては似合わないと言った状況になることもあるのです。

メガネが似合わないと諦めないで!似合うメガネの選び方

Beautiful girl fashion portrait. Abstract face wearing glasses. 出典:123rf

似合うめがねの探し方

メガネを選ぶ時はまずは、自分のあごから眉毛までの距離のうち3分の1程度の縦幅のフレームを選ぶと顔の印象をあまり変えることのないメガネとなるでしょう。

最近の流行では大きなフレームが多く販売されていますがファッションで時々使用するならともかく毎日日常生活で使用するときは流行のものよりも定番のフレームを選んだほうが良いでしょう。

またフレームの横幅のサイズ感についてですが、出来れば自分の顔の横幅と同じ、または少し小さいサイズのフレームを選ぶと全体のバランスが良いです。

ファッション性を重視するならメガネのフレームやデザインももちろんですが、そのメガネにあうメイクや髪型(髪色なども)、服装などトータルコーディネイトすることでよりいっそうメガネの魅力が増してきます。

メガネはあまり主張が強すぎず自分の顔に溶け込むようなデザインや色を選ぶようにすると良いでしょう。