悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

コンビニマネージャーの仕事は大変?どんな仕事内容かをご紹介

2018.7.12

コンビニのマネージャーと聞くとどんな仕事をしているのだろう?と気になることはありませんか?

その仕事内容や気になるお給料などのついて、調べてみました。またお店の営業時間が長いことから、どのような勤務体制で働いているかについても調べてみました。

またオーナーとマネージャーの違いについても合わせてご紹介します。

コンビニマネージャーの仕事は大変?どんな仕事内容なの?

コンビニのマネージャーともなるとバイトとは仕事の内容も変わってきます。

まずは数字関係。毎月本部に売り上げを報告しなければなりません。また、目標を達成するための対策を考える必要もあります。達成できなかった場合でも報告書を作成しなければなりません。

また、売り上げから人件費についても考えなくてはいけません。お金を管理する能力が必要となるでしょう。

バイトの管理もバイトリーダーがいない場合はマネージャーの仕事となります。未経験のバイトの教育や勤怠管理もしなくてはいけません。さらにバイトが時間内にできなかった仕事はマネージャーなど正社員がするしかありません。

残業をしてくれるバイトがいればいいのですが、未成年の場合は22時以降勤務することができないので、難しいこともあるでしょう。

接客以外にも品出しや賞味期限管理、発注作業などやらなければならないことはたくさんあります。マネージャーの仕事はとても大変なのです。

コンビニマネージャーの仕事はこのような内容が主です!

コンビニのマネージャーともなると、売れ筋商品を把握して発注しなければなりません。
売れ筋は天気や曜日、コンビ二周辺のイベントなどの開催によっても変わります。そのため過去のデータや天気予報、イベントの予定なども参考にしながら考える必要があります。

また、店内に掲示するPOPも作成しなくてはいけないでしょう。たまにコンビ二に「新商品」などのPOPがあると興味をそそられますよね。

一部の商品や新発売の商品のPOPに関しては本部から送られてくるものもありますが、それだけだと他のお店と一緒になります。差別化をはかるためにも独自のPOP作成が必要となるのです。

たまに手書きのPOPを見ることもありますが、個性を出すためには必要でしょう。自分のお店らしさを表現するためにもマネージャーとして必要な仕事なのです。

POP次第で販売数が伸びる可能性もあるのです。売り上げのためにもPOPは大切なのです。

コンビニマネージャーなどの仕事時間や給料について

新卒でコンビニ正社員となった場合

入社して半年間くらいは定時で帰ることはできるでしょう。

しかしそれ以降は、副店長となって働かなくてはいけない可能性があります。そうなると週末の休みは基本的になくなり、バイトのシフトによっては平日しか休みがとれなくなってしまうかもしれません。

コンビニは24時間365日営業しています。そのためお盆休みやお正月休みも取れないかもしれません。またノルマを課せられることもあります。

そんなこともあり、副店長、店長のポジションになると離職率は高いようです。

気になる給料は?

各コンビ二チェーンによっての違いがありますが、大手コンビ二Aは店長になった場合の初任給は約24万円くらいのようです。これに時間外手当や通勤手当が加算され、ボーナスもあるようです。

また大手コンビ二Bの店長候補の初任給は約20~25万円、店長に昇格すると約28万円になるようです。しかし試用期間中については時給になるとか、これもきついですね。

コンビニ経営者の1日の仕事との流れについて

開業してコンビニ経営者となった場合

1日の流れはどんな感じなのでしょうか?

いろいろ調べてみると、お店によっても違うようです。実際にお店に立つ人もいれば店長を雇って営業は任せてたまにしかお店にいかないというオーナーもいるようです。

一般的にはオーナーでもシフトに入り、仕入れや清掃、商品の品だしが指示通りにできているかをチェックしていることが多いでしょう。

コンビ二は24時間営業なので、シフトは3~4つに分けているお店が多いようです。そのどこかにオーナーが入ることになります。

しかし、開業直後の場合はシフトに関係なく長時間働かなくてはいけない場合もあるようです。お店の営業が順調になってある程度の売り上げがあれば、週に何度かしかお店に行かなくてもよくなるかもしれません。

コンビニマネージャーとオーナーの違いとは?

コンビニのオーナーは、基本的に本部と契約して経営者となっている人が多いでしょう。

経営者=店長という場合もありますが、別に店長を雇ってその人に任せるということもあるようです。

マネージャーの場合も同様で、持ち主がマネージャーという場合もあれば雇われマネージャーという立場の人もいるようです。

基本的にオーナーは経営者を指します。オーナーは店長と兼任している場合もありますが、1店舗だけではなく複数店舗経営の場合は店長を雇っていることが多いようです。

それに対してマネージャーとは、店長代理や正社員の店員を指すようです。

ただ直営店の場合はオーナーは存在しません。正社員が店長やマネージャーとして仕事しているようです。

一般的な会社で言うと、マネージャー課長以上部長以下といったところでしょう。

 - 勉強・仕事