飲み会で説教する上司の心理状態は?説教を上手く交わす方法!

飲み会での説教。楽しいはずの場で説教されるのは避けたいですよね。 お金まで払っているのに、イヤな気分になりたくありません。 美味しく食べて、楽しく飲もうよ!仕事へのダメ出しは、仕事の時にしてよ! そんなふうに感じても、説教する上司は世の中にたくんさん生息しているため、避けて通ることができないのです。

飲み会の時に説教をしてくる上司の心理って?

飲み会で説教するのはストレスが原因

yakitori (japanese style skewered chicken). 出典:123rf

一つは、仕事に対するストレス。もう一つは、職場の人間関係に対するストレス。

この2つを一緒にしてしまうと、ややこしくなってしまうんですよね。

職場で自分よりも立場が上のいわゆる管理職は、手足を動かして自分で作業を進めるのではなく、作業の進行状況を把握し方向性を見出し、具体的な指示をして仕事を取りまとめるのが役割だと思います。ですが嫌われ役になりたくないため、仕事の指示を的確に出さなかったり、ミスを指摘しなかったり、やり直しをさせない上司がいます。

このタイプの上司は「お前たちを信用している」なんて、耳障りのいいことを言って、実際には自分が嫌われたくないから、しなければならないことをせずに、逃げているのです。部下に対して言いたいことを溜め込んでいるため、飲み会などでお酒の力を借り、普段言えないことを言ってくるのです。

飲み会で説教なんて、冗談じゃありません!ですが、上司の愚痴を吐き出させてあげるのも部下の務めです。「この人は、自分に自身がなくて、嫌われたくないんだな」と心の中で思いつつ「どんな時でも、あなたについていきます!」とでも言って持ち上げてあげましょう。安心して、説教をしなくなることでしょう。

飲み会での説教はいらない!説教してくる上司の心理状態やタイプって?

飲むと、普段言えない事も言えてしまう不思議

飲み会で説教してくるのは、仕事中は言いたいことを言えない、指示するべきことを支持できないタイプの上司なのです。

仕事の進め方を支持したり、ミスを指摘するのは勇気のいることです。仕事とは言え、ミスしたことを本人に直接指摘したり、部下が頑張っていることの方向性が間違っていることなんて、言いたくはありません。

『慕われたい、嫌われたくない』

このような心理状態から、お酒の力を借りないと、部下に言いたいことを言えない人間になってしまうのですね。

たとえ、受け入れられないことを言われたとしても「酔っていて覚えていない」と言えば、済みますからね。

陰湿で、人の上に立つ資格のない人ほど、出世してしまうんですよね。
ですから、運悪く飲み会の席で説教する上司に当たってしまったのなら「今日はハズレだな~」と思って諦めましょう。

飲み会で説教をしてくる人の心理とは?

ジェネレーションギャップは、人間関係にストレスをもたらします。80歳の会長と、22歳の新入社員では、世代なんていう言葉が必要のないくらいの違いがありすぎますから、共通項がなくとも相性が良ければ心を通わせることはできます。
ですが、『上司と部下』位の世代間ギャップだと、どうしても共通項を見つける以前に、相手の弱点を見つけてしまい、お互いに嫌悪感を抱いてしまいやすいのです。

仕事の関係性でいうと、上司としては「オレの言うことを聞け」でしょうし、部下としては「わかるけれども現場の意見を聞いて欲しい、尊重してほしい」と、相容れない要求をしあいますから、どうしてもパワーバランス的に上司が部下に対して説教をし「オレの言うことを聞け」を押し通そうとします。

上司から、理解を得られずに、作業や業務にやりにくさを感じているなら、自分が『上司』という立場になった時に、そんな上司にならないようにすることしかないでしょう。反面教師にするのです。

飲み会での上司からの説教。早く終わらせるには「反省したふり」をすること!

飲み会の席で、上司から説教されたら、反論してはいけません。絶対に反論してはいけません。

飲み会の席で上司に説教されたら「はい、はい」とうなだれて、元気のない反応を示しましょう。そして、一通り説教が終わった頃を見計らって、「ちょっと、お手洗いに」と言って5分か10分程度、席を離れましょう。もちろん、戻った時には上司の隣に座ってはいけませんよ。また、説教を聞いている最中に「以後気をつけます」や「改善します」などと、言ってはいけません。

酔っ払って説教するような上司の言うことを、まともに聞く必要もありませんし、反論して自分がいかに正しいのかを示す必要もありません。

とにかく、反省して説教を聞いているフリをしてください。そして、風のように上司の目の前から消えるのです。

説教を受けても、仕事ができるようになるわけじゃないし、良い方向へ向いていかない。

Slices of fresh sashimi fish served at traditional izakaya in Nagasaki, Japan. Taken in August 2019. 出典;123rf

どうして説教するのでしょう。答えは単純。『したいから』です。

アレコレ御託を並べますが、結局の所お前のことが気に入らなくてムカついているんだというところに集約されています。

仕事の内容や、職場の人間関係のことを本当に考えているのなら、就業時間に的確に指示するはずです。

それができないような上司は、人の上に立つ資格はないのです。ですが組織ですから、完全な適材適所で人員を配置することはできないのです。

酔ってしか、言いたいことを言えない、気の小さい上司はコンプレックスの塊で自分に自身がありません。ですから、上司の言葉は聞き入れずに、猫がニャーと鳴いている、犬がワンと吠えているというくらいの気持ちで、対処するようにしましょう。