高速のスピード違反は何キロから捕まる?取り締まりについて

高速道路は信号がないのでついついスピードを出してしまうという人もいると思います。 しかし、気をつけなければいけないのがスピード違反での取り締まりです。高速と一般道では違いがあるといいますがどんな違いがあるのでしょうか? また、何キロから取り締まりに遭うものなのでしょうか?違反点数や反則金、取締りの方法などについてをご紹介していきます。

高速は何キロからスピード違反になるの?違反点数や反則金について

車を運転していると気づいたらスピードを出しすぎてしまっていたなんて事もありますよね。スピードの出しすぎは危険ですし取り締まりにあってしまう事も考えられます。

スピード違反で捕まった場合、違反した速度によって反則金や点数が異なるのは知っていましたか?また、一般道と高速道路でも違ってきます。

点数について

20キロ未満の違反の場合は、一般道も高速も1点になります。20キロから25キロの場合もどちらも2点です。

しかし、25キロからは違い一般道では25キロから30キロで3点、高速は25キロから40キロで3点です。

一般道30キロ以上から50キロ未満、高速は40から50キロ未満で6点になります。そして50キロ以上になると12点となっています。

反則金について

一般道は15キロ未満で9000円、15から20キロは12000円、20から25キロは15000円、25から30キロ未満は18000円で30キロ以上になると裁判で決まります。

高速の場合は30から35キロで25000円、35から40キロで35000円、それ以上になると裁判で決められます。

高速でスピード違反で取り締まりに遭うのは何キロから?

高速道路では平地で直線になっているような走りやすい場所では法定速度は100キロとされている場所が多く乗用車は100キロまで、大型車は80キロまで出すことができるようになっています。

しかし、実際にはそれよりも少しオーバーした110キロや120キロくらいで走行している車は多くいます。

そして、警察が取り締まりを行うときのスピードは120キロ以上が多いといわれています。中には10キロオーバーで取り締まりにあう人もいますがまれであって少ないです。

高速道路ではかなりスピードを出す人もいるので警察もそのように危険な走行をしている人を取り締まるように力を入れているのです。

同じ高速道路でもカーブが多かったりするような場所では法定速度が80キロとされている場所もあります。

このような場所はスピードを出すと危険な場所なので取り締まりも厳しく行われています。高速道路での取り締まりはねずみ取りといわれるものよりも覆面のパトカーによる追尾式で行われるものが多いです。

高速のスピード違反の取り締り!何キロで光るの?

高速道路などにはオービスというスピード違反を取り締まる機械が設置されていることがあります。

スピード違反をした車が通過すると光って写真を撮ってその写真を元に後日取締りを行うというものになります。

どのくらいのスピード違反をしたら光るように設定されているのかは公表されてはいませんが、一般道で30キロ以上、高速道路で40キロ以上の違反で光るといわれています。

オービスの取り締まりからは逃げられない

オービスが光るとナンバープレートと運転者の顔を撮影するのでしっかり証拠が残るので取締りから逃げることはできませんよ。

また、オービスが光るくらいのスピード違反は一回の取締りで免停になることがあるので気をつけましょうね。

オービスは基本的に設置されていますが、中には移動式オービスという測定器を搭載した車もあり道端に駐車して測定しているので注意しましょう。

高速のスピード違反の取り締まりの方法!

高速道路でのスピード違反の取締りはパトカーや覆面パトカーによる追尾式のものが多くあります。

スピード違反をした車を見つけると後ろにつき速度を測定し取り締まります。突然後ろにパトカーがいてサイレンをならすので驚く人が多いと思います。

法律上は1キロでもスピードオーバーすると違反になりますが、1キロオーバーで捕まったという人は聞いたことがありません。

また、120キロ以上出していたけど取り締まりにあったときの違反キロ数は少なかったということもあるといいます。

これはスピードメーターに誤差があるからだといわれています。どんな場合だとしてもスピード違反は危険な行為なのでしないようにしましょうね!

高速でスピード違反で捕まって免停に!

The road to Eilat – large international year-round resort. The highway runs through the Eilat Mountains. The highway connects Eilat city to the center of the country. 出典:123rf

スピード違反などで取り締まりにあった場合、反則金の他に違反点数が科せられます。

点数が大きい場合や、なんども違反をして点数がなくなってしまった場合は免許の停止の処分を受けることになります。

免許を取り上げられる事になるので運転することができなくなるということです。免停が始まるのは、後日送られてくる書類に記載されている運転免許停止処分者講習を受けた日、また出頭し免許証を預けた日からになります。

免停の期間は違反点数や前歴の回数によって30日、60日、90日、120日、150日、180日と分けられるのです。

前歴がない場合は違反点数が6点以上になると免停となるので小さな違反でも超えないように気をつけましょうね!

前歴がある場合は免停までの点数も少なくなりますし、停止の期間も長くなります。しっかりルールを守って運転してくださいね!