悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

女性の売れ残りと呼ばれる年齢について検証!

2018.7.25

世の中では結婚できない女性を「売れ残り」と呼びます。
本当は結婚したいのに、なかなか出来ない女性はどのような人なのでしょう?

結婚適齢期を逃した女性は、本当に売れ残りなのでしょうか?
男性は女性の年齢を、どの程度気にするのでしょうか?

女性が売れ残りと言われる年齢や特徴、原因について調べてまとめてみました。
それにしても、売れ残りなんて、失礼にも程がありありますよね。

女性の売れ残りの年齢は何歳?結婚するのは〇〇歳が限界?

結婚していない、ある程度の年齢の女性を世間では『売れ残り』なんて表現したりしますが、これってひどいですよね?

結婚さえすればいいの!?などと思いますが、どのような立場にいても世間って冷たいものなのです。

私は、結婚していない女性を『売れ残り』なんて下品な表現はしませんが、世間ではそのように言われているそうなんです。
結婚することが、女性としての役割なのでしょうか?

決してそうは思いませんが、世間ではそう判断されてしまうのですね。
では、どうしてある程度の年齢に達しても結婚していない女性のことを『売れ残り』と表現するのでしょうか?

それは、女性にしかできない『出産』に深く関わっているようです。

もちろん、体質的に出産が不可能な女性はいます。
ですが、世間はそのようなことを優しく考慮してはくれないのです。

世間では、35歳を過ぎれば出産の確率が低くなりますし、そのような女性は結婚相手として男性が選ばないであろうという考えが多いようです。

平成のこの時代に、なんという発想なんだと思いますが、世間っていつまで経っても女性のことをそんなふうにしか見ていないんですね。

女性の売れ残りの年齢は何歳?30代は?

世の中には、『タバコやお酒は二十歳から』や『小学校入学は7歳の年齢になる年で』や『還暦は60歳です』などと、年令によって、区分けされていることが多いのです。

どんなことにも『適齢』があるのは理解しています。
でも、女性だからといって、結婚の適齢期が皆一緒とは限りませんよね?

男性でも女性でも結婚するに適した年齢はあると思います。
ですが、その年齢がみんな一緒だとは限りません。

でも、世間では、『女性の結婚 イコール 出産』という方程式が根強く、出産できない年齢の女性でかつ、結婚していないなら『売れ残り』などと表現されてしまいます。

とあるアンケート調査で、男性と女性の結婚適齢期についてのアンケートを実施していました。
その結果、男性の結婚適齢期は28歳から35歳、女性の結婚適齢期は25歳から32歳とされていました。

人それぞれ、人生の目的が違います。
結婚に子どもを望まない人もいます。

でも今の日本ではまだまだ、女性は結婚して出産して子育てをするのが幸せなんだという価値観が強いんですね。

女性の売れ残りの年齢は?性格と特徴

結婚は『縁』

ですが、良い縁を引き寄せるのも、遠ざけてしまうのも自分次第なんですよね。

もう、世間からすると『売れ残り』なんて、表現されてしまう年齢の女性でも、結婚という現実を見ることができない女性がたくさん居るのも事実です。

私は42歳で結婚していますが、子どもは一人です。
そうなると「一人しか産んでないんだ」という結婚して子どもも居るけど負け組的な位置に、カテゴライズされてしまいます。

それも、結婚していない女友達から言われたことがあります。
私も意地悪な気持ちで、結婚していないあんたに言われたくないよと、心の中で毒づきましたが、そんな40歳過ぎても結婚していない女友達を見て『現実をわかってないな』と感じたのも正直な気持ちです。

私に釣り合う男性が現れていないだけと、彼女はいいますが、彼女に釣り合う男性は、

  • 年収1000万円以上
  • 6大学卒
  • 長身
    だそうです。
    こんな男性、いないとは言いません。世の中にはいらっしゃるでしょう。
    ですが、彼女自身、そんな男性と釣り合うようなスペックではないのです。

聞いていて苦笑いしかできませんでしたが、友達なら現実を伝えるべきだったのかな?なんて思ったりもしています。

売れ残りの女性には共通点がある?

ある程度の年齢で、結婚していない女性を『売れ残り女子』なんて意地悪く言っているそう。
でも、売れ残り女子も、怒っていないで自分たちが、世間からどのような視線を送られているのかを、一度知る必要はあると思うんです。
一人でいると、自分の価値観でしか物事を判断しなくなります。
そうすると、偏見や偏った価値観に凝り固まってしまいます。

世間から見た『売れ残り女子』の共通点とは?

  • 仕事はできるけど、人の気持ちを考えることができない人
  • 外見にはお金を掛けてキレイを保っているけど、頑張れば頑張るほどアラが目立つ人
  • 若い頃はモテたんだろうと予想される人
  • 結婚できないんじゃなく、しないだけと大声で言っている人
  • 40代後半で出産できると本気で思い込んでいる人
  • 独身だから若いと言い張る人
  • 男性を求めるレベルが高すぎる人

イタイところ付かれてるって感じませんでしたか?

結婚適齢期を逃す女性の共通点とは?

自分に過剰な自信があっても、困りますが、自分に自身がなさ過ぎるのも問題です。
せっかく、好意を抱いてくれる男性と出会っても、ネガティブな感情で接すると相手もいい気分はしません。
また「私なんてどうせ」や、「子どもを産んでも育てられない」「仕事と家庭の両立はできるのか?」なんて、物事を悪い方にしか考えられない女性も、自分から結婚を遠ざけてしまいますよね。

結婚は、お互いの足りないところを補いながら生活していくことです。
相手にばかり求めても、結婚生活は長続きしません。

自意識過剰すぎても、自分に自信がなさ過ぎても、よい縁と適齢期には巡り会えないようですね。

 - 結婚・恋愛