悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

税務署でパートしたい!服装や仕事内容についてをご紹介!

2018.7.27

税務署では確定申告の時期になると短期でパートの募集があるのでこの時期に働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、ここで気になるのが服装だと思います。普段税務署にいくことがない場合はすこしお堅いイメージがあると思うのでどんな服装をしたらいいのか悩みますよね。

また、面接に行くときにはどんな服装で行けばいいのかやどんなところが重視されるのかなども気になると思います。

そんな税務署でパートするときに気になることについてなどをご紹介していきます。

税務署でパートするときの服装は?

税務署と聞くと、どんなイメージをするでしょうか。
普段から頻繁に足を運ぶ人は多くないと思うので、きっちりしているイメージが多く持たれているのではないかと思います。

税務署の仕事とは

  • 確定申告関係の事務
  • パソコン入力
  • ファイリング
    が主な仕事として挙げられます。

ファイリングというのは、確定申告の書類を順番にまとめていくことですね。
パソコン入力が苦手な方だと、仕事が思うように進まず負担に感じてしまうかもしれません。

仕事の内容は忙しい日が多いようです。

基本的にはデスクワークなので、動きやすい服装が好ましいなど条件はありませんが、あまり派手な印象になってしまう服装は避けたほうが良いでしょう。

不特定の人が出入りする場なので、たくさんの人が不快にならないような服装が望ましいです。

派手ではなくても、デニムのようなカジュアルすぎる服装もあまり雰囲気に合わないかもしれませんね。

税務署のパートで働きたい!面接のときの服装について

いざ面接となると、服装など疑問に思うことが出てきますよね。
税務署の面接に限らず、どの職種どの企業にも必要なことですが身だしなみと清潔感は大切なポイントです。

服装はきちんとスーツだとしても、シワがあったり汚れがあったりすると台無しです。
それだけで清潔感に欠け、だらしない印象になってしまいます。

服装だけではなく、身だしなみにも注意をして見ていきましょう。

税務署のような仕事の面接に行く場合は、やはりスーツやそれに準ずるようなジャケットなどの服装が望ましいでしょう。

社員の方がスーツを着て働いているような業種、例えば銀行やホテルなどがそうですね。
そのような企業に面接に行く場合は、黒やグレー、紺色などの落ち着いた色のスーツで臨みましょう。

アパレルやファッションに付随するような業種の場合は、センスも面接のときに求められますが、そうではない職種の場合はスーツや少しカジュアル感を持たせたような上品な服装がベストでしょう。

税務署のパートは服装や知識よりも守秘義務についての理解が必要

服装ばかりに気が取られ、面接の内容が思ったようにならないと本末転倒です。
面接での印象にも気を配りましょう。税務署はたくさんの人が出入りをして、手続きをしていきます。
たくさんの重要な個人情報を扱っている職場となります。

このようなことを任せられないという印象になってしまうと、税務署での仕事に就くことは難しくなります。

よく面接で、守秘義務について聞かれることがあります。
きちんと守秘義務の意味を理解して、守ってくれるのかが重要なようです。

なぜ守秘義務が大切なのかを理解していないと、どのような印象を持たれるでしょう。

そんなに大切に感じていないのなら、情報の管理も丁寧にしてくれないのでは?
もしかしたら、どこかで情報を漏らしてしまうかも?

そういう印象を持たれてしまう可能性もあります。

発言や態度には注意しましょう。

税務署でのパート

  • 確定申告の会場案内
  • 書面のチェック
  • 雑用など
    の仕事も任されます。

確定申告の時期になると忙しくなり、このような人員を募集することがあります。
このような内容であれば、税金についての知識に自信がなくても大丈夫そうですね。

税務署のパートは大変なの?メリット、デメリットについて

どのような仕事に就いても良かった面、大変な面は付き物です。
感じ方も人それぞれなので、一概には言えませんが税務署でのパート経験の意見の中から見ていきましょう。

普段から頻繁に税務署に行き来している人は、そうでもないかもしれませんが、本当にたまにしか行かない人にとっては新鮮なことが多いようです。

確定申告に関しても、自信を持って詳しいと言える人はそう多くはないと思います。
税務署で勤務をして、確定申告の大きな流れだけではなく、実際に入力業務などを経て知識はいつの間にか身に付き、詳しくなっていくそうです。

来客対応でも、最初は質問に答えることが出来なかった人も、気が付くとスラスラと質問に答えられるようになっていたくらい知識は豊富になるようです。

知識が増えると、自信にも繋がりやりがいも感じますよね。

働く部署にもよるそうですが、パートの立場では負担の大きいような仕事は任されないことが多いので、大きなストレスを感じずに働けるというもの魅力ですね。

確定申告の忙しさが一番のようなので、そこを乗り切れれば問題はなさそうです。

税務署でパートするときの志望動機やどんな人が採用されるのかについて

どのような仕事でも聞かれることの多い質問のひとつに、志望動機があります。
やはり、採用する側もなぜこの仕事を希望したのかは、気になるポイントです。

税務署でのパートを希望する場合、どのように答えると良いのでしょうか。

税務署という職場柄、真面目な人を採用したいと考える場合が多いようです。
なので、当たり障りないかなと思ってしまうような答えでも悪い印象にはなりません。

「税務署の仕事を経験することで、普段の生活の中にもその経験を活かしたいと思いました。」

このような仕事を退職した後にも繋がるような前向きさが見えるような答えも良いですよね。

他にパソコンの操作が出来る人や説明をするのが上手な人、柔軟な対応力のある人や数字などの細かく根気の必要な作業を行える人が採用されやすい基準となるようです。

真面目さや根気の良さだけに囚われず、笑顔を忘れずに頑張っていきましょう。

 - 勉強・仕事