悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

アイテープの貼り方のコツは?簡単に二重になる方法

2018.7.31

アイテープとは、シールのようにまぶたに貼ることで二重のラインをつくるテープのことです。

アイテープによって二重を作るためには、貼り方や必要なコツがあるそうです。

では、簡単に二重になるためにはアイテープをどのように貼ったらいいのでしょうか?

そこで、簡単に二重になるためのアイテープの貼り方や必要なコツ、また初心者にもオススメなアイテープのタイプなどについてもまとめてみました。

アイテープって?基本の貼り方のコツとは

アイテープをまぶたに貼る事で、一重の方もパッチリ二重にすることができるテープです。二重になると目の印象が強くなりますよね。
アイテープは貼るだけで二重になるので、液状のタイプとは違い、乾かさずに済みます。液状の場合は、塗る量などの調整が難しいので、テープタイプのほうが気軽に取り入れられるといえます。特に初心者の方にはお勧めです。

素材は、不織布や薄いポリエステルでできていいるものもあります。また医療用の素材を使用しているものもあるので、自分に合う素材のアイテープを見つけて使用しましょう。

両面タイプのアイテープの使い方をご紹介します。

  1. まぶたのどの位置に二重を作るのかを決定します。鏡を見て確認しましょう。
  2. プッシャーを使って、押し上げるようにして、位置を決めます。まつげの端の際から5mm前後が良いでしょう。
  3. 二重を作りたい位置の上にテープを押し付けるようにして貼り付けます。
  4. 再びプッシャーを使い、アイテープをまぶたの奥に押し込むようにしてまぶたの皮膚を接着します。プッシャーのI字側で、位置やラインを整えて完成です。接着面積があまりないため、目を閉じたときでも、ツッパリ感が少ないのが特徴です。

片面タイプのアイテープの使い方も紹介します。

  1. 二重を作る位置を決めたら、そのラインのすぐ下部分にテープを貼り付けます。
  2. プッシャーで、テープをまぶたの内側に押し上げるようにして、テープをまぶたの上にかぶせるようにして張ります。完成です。
    まぶた自体を接着しないため、目を閉じてもラインが気にならないのが特徴です。

どちらのほうが自分に合うのか、どちらのタイプのほうがより自然に綺麗に見えるのか、試してみてください。

アイテープの貼り方のコツを教えて!

アイテープは、作りたい二重のラインの下に貼ります。決して上に貼ってはいけません。二重のラインの下にアイテープのカーブ部分の上部を合わせて貼ることが大切です。

まずは、まつげの生え際の少し上の部分に貼ってみてください。二重になることが確認できたら、少しずつずらして自分のまぶたにあった位置をみつけていきましょう。

しっかり大きな二重を作ろうと、テープを上のほうに貼るのはやめたほうが良いでしょう。幅広の二重は不自然な印象になります。またはがれやすくなるため注意したいところです。

自分のまぶたに合わないサイズのアイテープを使うと、横から見えてしまい、テープを使用して二重にしていることを周りに気付かれてしまいます。
はみ出るような大きさのテープは、事前に自分のサイズに合わせてカットしておくことが大切です。

アイテープの貼り方、絶対必要なコツとは

貼り方のコツとしては、まずは、作りたいラインをしっかりと決めて確認しておくことです。アイテープを購入したときには、一緒にプッシャーが入っていることが多いようです。アイテープを実際に使用する前に、鏡を見ながらプッシャーで二重のラインを確認しましょう。まぶたをプッシャーで押さえ、そのまま目を開けます。二重がどのように出ているのかを確認してください。

決めたラインより下にアイテープを貼るのが、自然で綺麗な二重になるポイントです。決めたラインのカーブにあわせて、アイテープのカーブを重ねるように貼ることで、自然に仕上がります。

より目を大きく見せたいからといって、二重の幅を広げようとアイラインより上にアイテープを張ってしまうと、自然な印象にはなりません。上手く貼ることもできません。

ちょっと手を加えてあげるだけで、より自然に仕上がるので試してほしいのが、アイテープを自分のまぶたに合わせてカットすることです。自然に仕上げてくれるだけでなく、はがれづらくなります。

アイテープの横幅がまぶたに合わず広いまま使用すると、目じりと目頭から、アイテープが見えてしまいます。その部分からはがれてくることにもつながります。

しっかりとカットしてから使用するだけで、周りから使用していることに気付かれず、自然な状態が保てますよ。

初心者にもオススメなアイテープのタイプは?

アイテープにも色々種類があります。特に初心者はどのタイプを使ったらよいのか悩むとことだと思います。そういう方にお勧めなのが、片面タイプのアイテープです。

両面タイプやファイバータイプは、初心者には難しいかも知れません。まぶたに貼る際に、テープがくっついて、ぐちゃぐちゃになり失敗してしまうことも・・・。
しかし、片面タイプは片方の面だけ粘着するので、二重の幅に合わせて、片方を貼り付ければ大丈夫です。すぐに肌とくっついてしまうこともありません。

最近は、100円ショップなどでも片面タイプのアイテープが売っています。その中でも伸びるタイプはお勧めです。絆創膏タイプなので自然に肌になじんでくれます。

人の目やまぶたの大きさはさまざまです。目のサイズにテープを合わせるのが難しいという初心者の方には、液状の二重まぶた美容液をお勧めします。

これは、アイテープに比べると少々割高になりますが、目の幅を気にしたり、合わせて切ったりすることもありません。テープタイプのような、ぐちゃぐちゃになって失敗してしまう危険もありません。自分で好きなラインを作って塗ることができ、少々失敗しても、もう一度つけることができます。

絆創膏でもできるの?使い方とやり方とは

実は、アイテープがなくても二重にすることができます。
絆創膏を使う方法です。片面タイプのアイテープのようなイメージで使用できます。

絆創膏をガーゼ部分を避けて、自分の目にあわせた幅と長さに切ります。
片面タイプのアイテープ同様、決めておいた二重のラインの下側に貼ってください。

絆創膏を使用すると、1枚から2、3回分使うことができるためお得です。初めてアイテープを使ってみたいという方で失敗を心配している方でも、自宅にある絆創膏からまずは試してみるのもよさそうです。

なんども試してみて、自分に合ったサイズやラインを確認することができますよ。
くれぐれも絆創膏は、肌の色にあったものを選ぶことです。粘着力が強すぎるものを選ぶのも避けましょう。

 - ファッション・ビューティー