悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

アイブロウとアイシャドウの違いは?兼用するメリットと注意点

2018.8.6

アイブロウとアイシャドウの違いとはなんなのでしょうか?

そもそも、アイブロウとは眉づくりのことです。眉のお手入れはしていますか?

でも、アイブロウとアイシャドウを兼用すると時短ができるそうですよ!朝のメイクにオススメです!

そこで、アイブロウとアイシャドウの違いや兼用するメリットと注意点などについてもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アイブロウとアイシャドウの違いは?眉のお手入れについて

名称が似ているので違いがはっきりわからず、間違えて購入してしまったなんてことはありませんか。

アイブロウとは眉づくりのことです。
アイシャドウとは目の周囲、まぶたに陰影を持たせるために使われる化粧品です。

アイブロウで眉のお手入れ

顔の印象の8割は、眉で決まるなんてこと聞いたことありませんか。眉のお手入れ次第で、メイクのバランスや印象も変わってきます。

眉の濃さや太さが気になる方は、眉用のはさみでカットしてみましょう。
眉用のコームや指を当てて、余った部分をカットするだけです。このとき、眉頭と眉山を決めることが大切なポイントです。

維持しながら整えることで、作った眉の形をキープすることが出来ます。

とても方法としては簡単ですが、自信がない方は美容室でも眉カットをしてもらえることがあるようなので、相談してみましょう。

違いはあるの?アイブロウをアイシャドウでするメリット

眉のメイクにアイシャドウを使うなんて、そんな発想もありませんでした。
当たり前のように、眉には眉用のメイクをしていました。

でも、アイシャドウを使うことで微妙なニュアンスのカラーを出すことも出来るようです。
確かに、アイシャドウの方が色の種類は豊富にありますよね。

この豊富なカラーの中からなら、ヘアカラーや顔色に合わせた色を簡単に見つけることが出来ますね。

ナチュラルでふんわりした印象に仕上げたい方にも、アイシャドウがおすすめです。
アイブロウペンシルで描くと、どうしてもくっきりとした仕上がりになりがちです。

アイシャドウのパウダーが、ふんわりした印象にしてくれます。

また、実用的な問題として持ち歩くポーチの中身を少なくすることも可能です。
毎日持ち歩くという女性も多いと思うので、少しでも荷物が少なくなると嬉しいですよね。

アイブロウとアイシャドウが一つにおさまっていれば、メイク直しのときも楽です。

こんなメリットがあるなんて、目から鱗でした!

アイブロウをアイシャドウでする注意点や違いとは

アイシャドウを使って眉メイクをするポイントや注意点

はじめにスクリューブラシで毛流れを整える

スクリューブラシとは、眉の毛流れを整えるだけでなく、描いた眉を自然にぼかすときにも使われます。

最初に毛流れを整えておくことで、アイシャドウが眉に馴染みやすくなります。

眉につける前に、一度取ったパウダーは手の甲で馴染ませ、余分なパウダーを取り除いてから描いていきましょう。

アイブロウペンシルとアイシャドウの合わせ技

普段から愛用しているアイブロウペンシルでメイクをして、その上にアイシャドウで色を重ねても違和感なく、いつもと違った仕上がりを楽しむことが出来ます。

使う色によって、雰囲気を変えて楽しむことも出来ます。ピンクパール系の色だと、艶やかで女性らしい印象になります。
オレンジや黄色だと、明るいヘアカラーをしている人に馴染みやすいです。

アイブロウとアイシャドウを兼用すると時短ができる!

アイブロウメイクの理想

眉尻を足すようなニュアンスです。
ある程度、眉そのものの量や形が整っていることが前提ですね。

その方がメイクのしやすさはアップします。日頃から自眉を生やすように心がけましょう。

  • きりっとした印象にしたいとき ペンシルタイプ
  • ふんわりとした印象にしたいとき パウダー

使うアイテムを変えるだけでも、印象を変えることが出来るのですね。

日頃のメイクを楽に、時短したい方はティントもおすすめです。3日~1週間程度効果が持続し、毎日描き足さなくても大丈夫です。朝のメイクが楽になりますね。

アイブロウやノーズシャドウとしても使えるような、アイシャドウの色を一つ選んでみましょう。

ベージュやブラウン系の単色のカラーが使いやすいかと思います。

部位によって濃さを調節することも出来るので、一色でも綺麗に仕上げることが出来ます。

少し物足りなく感じる方は、さらに一色加えてみましょう。
ツヤのあるタイプや、キラキラのラメ感のあるタイプも良いですね。

同じ色でも、ツヤや輝きが加わるだけでグッと華やかな雰囲気になります。

アイライナーとアイブロウの違いについて

アイライナーとは、目に線を書くという意味の通り、目を強調させるためのラインを引くために使われます。

アイメイクはアイシャドウ・アイライナー・マスカラの三大アイテムで作られます。

ぼかしたりして、ナチュラルな印象に仕上げたいときはペンシルタイプのアイライナーがおすすめです。
くっきりとした印象に仕上げたいときは、リキッドアイライナーがおすすめです。

慣れるまでは、リキッドタイプだとうまく使えないという人もいるようなので、最初はペンシルタイプの方が使いやすいかもしれませんね。

何度も繰り返しメイクしていくうちに、どちらもうまく使えるようになってきますよ。

アイブロウとは眉のことを意味します。

ヘアカラーと眉色のバランスや濃淡が合わないと、見る側にとっては違和感を感じてしまいます。
また、眉が極端に薄かったり短いのも、変な印象に見えてしまいます。

眉を手入れした後に、眉の足りない部分を加えたり色を調節するために使われます。

このようにアイラインとアイブロウは目的が違うものなので、完全に別のメイク用品と考えて問題ありません。

 - ファッション・ビューティー