クリーニングを出した場合の仕上がり日数についてご紹介します!

クリーニングを出した場合、仕上がりまでにどれくらい日数がかかるのか気になるところですよね。 早い場合は即日なんてところもありますが、それだけ衣類に負担をかけてしまっている可能性が高いようです。 しかし、だからと言って仕上がりまでに時間がかかる場合は、数日間洗わずに放置されている可能性も。 クリーニングを出した場合の仕上がり日数について調べてみました!

スーツをクリーニングに出した場合、仕上がりまでにかかる日数はどれくらい?

ドライクリーニングとは?

クリーニング屋さんにスーツのドライクリーニングをお願いすることも多いと思いますが、どのくらいで仕上がるのか日数が気になります。

ドライクリーニングとは、水を使わないで有機溶剤で洗うことです。
型崩れがしにくく、油性の汚れを落とすのが特徴です。
有機溶剤は油性の汚れをよく落としますので、お家で落ちないソースや口紅によごれなどもしっかり落としてくれるのです。

ドライクリーニングは自宅ではできません。ちなみに洗濯機のドライコースとは全く違います。

ドライクリーニングで出した場合、大体2~3日ほどで仕上がるのが一般的です。平均としては2.5日ぐらいでしょうか。

もちろんお店によって日数は変わりますので、正確に知りたいのであれば、直接クリーニング屋さんに問い合わせてみるといいでしょう。

ちなみに料金ですが、スーツの上下で大体1,000〜2,000円となっています。こちらもあくまでも目安なので、気になる方は電話などで聞いてみると安心です。
質の高い業者だと、基本料金で2倍以上かかることもあるので注意してください。

クリーニングで仕上がりまでの日数が短過ぎるのもNG?

「即日仕上がり可能!」としているクリーニング屋さんもあります。急いでいる場合はとても便利ですが、出来ればやめたほうが無難です。
それは、傷む可能性が高いからです。
その場ではすぐわからなくても、ダメージを負っている可能性が高いからです。

即日に仕上げるくらいなので、その分無理をしているわけです。
無理をするということは、洋服にもダメージを与えてしまうため洋服にしわよせがいってしまうのです。

他にも汚れが落ちていなかったり、風合いが変わってしまいあまり着ていないのにテカリ始めてしまったという意見もあります。
そのリスクを負ってもいいのであれば、即日クリーニングに出してもいいでしょう。

スーツはとても作りがシンプルなので、多少無理をしてもそんなに変わることはありません。ただテカり始めるのが多少早くなってしまいます。

コートを即日クリーニングするのだけはやめた方がいいでしょう。
スーツほどシンプルじゃなく、素材や装飾品が付いているからです。

クリーニング屋を選ぶ際は、仕上がり日数を重視すべきです!

優良なクリーニング店の見分け方

誰だって優良クリーニング店を選びたいものです。
どこで優良店だと分かるのか?それは、仕上がりまでの日数です。

預けてから仕上がりまで3日以上かかる店は要注意です。

3日以上かかるにしても、仕上がりがかかる理由をハッキリ伝えてくれるのでば問題ありません。混みあっていれば当然仕上がり日数も伸びてしまうからです。

注意したいのは嘘を伝えてくること。
「しっかり個別洗いするので仕上がりまで時間がかかります」と言われるのは注意が必要です。

家庭での洗濯を想像すればわかると思いますが、洗濯をしてから乾かすまで1日以上かかることありますか?

確かに皮革製品や合成皮革などは乾くまでに時間がかかりますが、セーター1つ洗うのに1日以上掛かることはありません。そもそも2~3日以上かけて洗い続けたら、それこそ生地が傷んでしまうだけです。

特殊な染み抜きが必要で時間が掛かってしまうのは別として、クリーニング店が4日も掛かるのは怪しいものです。

仕上がりまで4~5日要すると説明するお店の場合、洗わずに放置している可能性があります。
それを丁寧に洗っているともっともらしい嘘を付いているのは、詐欺といっても良いくらいです。

忙しい方は、宅配クリーニングを利用すると便利かも!

忙しくてクリーニングに出せてもなかなか取りに行けない、という方も多いのではないでしょうか。

そんな方はぜひ「宅配クリーニング」を利用してみてはどうでしょうか。

クリーニング難民という言葉を知っていますか?
唯一時間が取れる日曜日にクリーニング店を利用したいのに日曜はお店が閉まっている、あるいは行きやすくて便利なクリーニング店はいつも長蛇の列で時間が掛かる、というように不便な思いをしている人たちです。

そういった思いを抱いている方が全国にたくさんいるのが現状です。

そんな思いも、宅配クリーニングなら解決できます。

宅配クリーニングの最も便利なところは、なんといっても宅配サービスなので家にいながらクリーニングの受け渡しができることです。
受け取りたい日や時間も指定できますし、時間指定を夜にすれば、仕事が終わって家でくつろぎながらクリーニングの到着を待つことも可能になります。

忙しい方にとってはとても便利で楽なサービスです。

クリーニングの仕上がり日数は短くなる?また、日数が延びる場合とは?

クリーニングの仕上がり日数を短くする方法

朝早くにクリーニングに出す

開店時間はお店によって違いますが、早朝から開店しているお店もあります。
早くにクリーニングに出せば、その分工場にも早く到着しますので、上手くいけば1日ほど日数が縮まります。
早くてその日の夕方に受け取れることもあります。

スピード仕上げを利用する

male laundry worker during daily work. 出典:123rf

料金は別でかかりますが、特に急いでいるときは利用するべきです。
優先的に仕上げを進めてくれるので、近くのお店にスピード仕上げのサービスがないかチェックしてみるといいでしょう。

クリーニングにかかる日数は、時期や選ぶコースによって差がでてきます。

特に衣替えシーズンは忙しいので、当然お店は混みます。
新学期が始まる4月や10月は普段より数日伸びる可能性はあります。注意しましょう。
また、撥水や防水加工といったオプションを付けると、その分仕上がりまでに時間がかかります。詳しくはお店の人に聞いてみましょう。