悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

メバルの釣り方を解説!初心者がメバルを釣る時の道具や方法

2019.3.2

「メバルを釣りたいけど初心者で釣り方が分からない」という人もいるでしょう。

初心者の場合は、どんな時期にどんな場所で、どんな道具を使えばメバルが釣れるのか分からないものです。

ここでは、メバル釣り初心者の方に、メバルが釣れる時期や場所、必要な道具や釣り方など、メバル釣りに関する知識についてお伝えします。

メバル釣りに関する知識を知って、たくさんメバルを釣り上げましょう。

ルアー釣りの方法やエサ釣りの方法についてご紹介しますので、自分に合った方法でメバル釣りを楽しんでください。

自分で釣ったメバルを食べると、一段と美味しく感じるものです。たくさん釣り上げて、釣りやグルメを楽しみましょう。

初心者のメバルの釣り方・メバルが釣れる時期と釣れる場所

男のロマンの1つといったら「魚釣り」があります。
若い人から年配者まで、時間があれば釣りに行く人がいるほど人気の高いレジャーのようにも思います。
ある程度子供が大きくなると家族連れで楽しむ事もできることから、いつまでも熱が冷めない理由なのかもしれません。
住んでいる地域によって釣れる魚も違ってくるので道具や餌を変えなくてはいけないところも釣りを楽しむ意味では魅力の1つなのではないでしょうか?

そんな魚釣りですが、今回は「メバル」の釣り方について紹介したいと思います。

メバルとは

日本全土の沿岸に生息しているカサゴ目の魚です。
魚釣りの魚種でもわりと有名な種類で、日本人に馴染みが深いという点も特徴の1つでしょう。
大きさはメバルの種類によっても多少異なるものの、20cm~30cm位のものが主流とされています。
岩場に多く生息しているため、沿岸部分で岩に登って垂らし釣りをするだけで釣れる事もあるので初心者にとっても身近な存在と言えるでしょう。

では、下記ではリールやライン等、適している道具について掘り下げていきたいと思います。

メバルの釣り方・初心者が用意したい「ロッド」「リール」「ライン」

では、なんといっても重要なのは「リールやロッド・ライン」です。
これがないと基本的に魚を釣ることができませんよね?
かと言って、釣具店にいくと各様々なものが販売されているのでどの道具を選ぶべきか全くわからないものです。
それぞれの道具には釣る目的の魚に適した構造が組み込まれているので異なった種類の道具を安易に使うとなかなか上手に釣ることができません。
そこで今回は「メバル」を釣ることが目的ですので、メバル釣りに適した道具をそれぞれ詳しく紹介したいと思います。

メバル釣りに適した道具

リール

リールとは、釣り竿(ロッド)に取り付ける糸を巻き取る機械の事です。
チカ釣りなど特殊な釣り以外ではたいてい使用する道具と覚えておきましょう。
さて、メバル釣りのリールですが、1000番から2000番位のものがオススメです。この番数はメーカーによっても異なりますが、一般的にはリールの大きさを意味しています。4桁の番数が主流ですが、数字が小さければ小さいほど大きさやハンドル1回転あたりの糸の量もかわってくるのです。

ロッド

ロッドとは釣り竿の事です。魚を釣る時に欠かせない必需品ですよね。
基本的などんな釣りにも向いているとうたわれているロッドは使えないのか?という質問も聞いたことはありますが、メバルの場合は専用ロッドを使用することをオススメしています。
なぜならメバル釣りのロッドはとにかく軽く短めなロッドだからです。
ネットなどでも「メバリング専用ロッド」という名称で販売されていますので、手軽に購入できる事でしょう。

ライン

ラインとは、釣り糸の事です。
このラインも種類が豊富でナイロンやフロロカーボン、PEラインといったようなものが主流で流通しています。
メバル釣りで使用するラインは、どの種類でも可能です。
自分の釣りスタイルにあったラインを選んで見てください。
(一度三種類を購入して、使いやすいものを使用し続けるのが1番良い方法かと思います。)
三種類を簡単に説明しますと、ナイロンは伸びがよく価格も安いです。
フロロカーボンは根ズレ(水中の障害物や岩などにラインが擦れる事)にとても強いと言われています。最後のPEラインは、伸び縮みがない一方で強度は最高級です。その分価格は少々お高めかと思います。

メバルの釣り方・初心者が用意したい「ワーム」「ジグヘッド」「プラグ」

では次に紹介したいのは、「餌」の存在です。
餌がついていないと、よほどのメバルの群れにラインを落とし引っ掛けない限りなかなか釣ることができません。
ここで紹介したい餌はワーム・ジグヘッド・プラグ・イソメです。

メバル釣りで用意する餌について

ワーム

柔らかい樹脂やゴム素材の昆虫などに似せて作られている疑似餌の事を言います。
匂いも独特で魚が寄り付くような香りを最初から付着させている商品も出回っている程どんな魚にも対応出来るほどの優れた餌の1つです。
ただし、それぞれの1つの形で販売していることが多く、一種類だけ用意しても釣れない可能性もあることから、数個用意して釣りに挑む事が懸命でしょう。

ジグヘッド

魚や昆虫の形の先端部分針がついており波に流されないようにオモリも一緒についている疑似餌の事を言います。
用途としては、ワームとさほど変わりはなく初心者でも取扱いしやすいメリットがある一方で、ワームとは材質も異なり重みが出てしまうため選ぶ種類は注意しなくてはいけません。

プラグ

見た感じジグヘッドと見間違えてしまいそうなのが、プラグです。
材質は木やプラスチックなど硬い材質の疑似餌の事を言います。
使用することは可能ですが、ある程度の経験をつんでから使用したほうが良いでしょう。

イソメ

イソメは、釣り初心者に1番と言っていいほど愛用されている本物の生き物の餌です。細長いミミズのような形が特徴的な生き物です。
これもどんな釣りでもある程度の大きさの魚には対応できますが、餌を針につけるときに注意が必要です。
イソメは口部分に鋭い牙を持っているため、安易に口の部分を触ってしまうと噛まれてしまいます。
両先端部分のどちらに口がついているのかしっかり見定めてから取り付けることをオススメします。
釣具店で購入できます。
生きたイソメはもちろんのこと、塩漬けされたものも冷蔵保管で販売されています。

ルアー釣りでの初心者のメバルの釣り方

では、早速釣りを開始してみましょう。
今回は疑似餌(ルアー)を使って釣ってみたいと思います。

  1. ある程の水深までラインをおとします。
  2. そこからゆっくりリールを巻きながらラインを回収します。
  3. その作業の繰り返しです。
  4. ラインにピクピクと変化を感じ取るような感覚が出た場合、アワセ(魚の餌に対して食いついているタイミングに合わせて竿を思いっきり引き上げる事)をし、完全に針にメバルを引っ掛け釣り上げたら完了です。

これは、疑似餌が生きているかのように見せて食いつかせる技法で、ゆっくり巻いている最中にパクっと食いついてくるのです。

餌釣りでのメバルの釣り方

次に紹介するのは、本物の餌でのメバル釣りです。

生き餌の場合は、自ら動いてくれるのでさほどラインを動かさなくても釣れることがよくあります。
ポイントなのは、不定期で動かす事です。
止まったり動かしたりを繰り返している事で、生き物本来に近い動きに見せメバルが食いついてくるのを待つのです。

ここまで、メバル釣りに必要な事を詳しく紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?
今まで魚釣りをしたことが無い人でも簡単に経験できるメバル釣りですので、まずは一度経験して見ることをオススメします。
初めて連れた時の感動は言葉では言い表せません。
きっと、魚釣りの魅力に取りつかれることでしょう。

 - スポーツ