悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

クラブ初心者でもダンスの心配なし!浮かないためのコツとは

2019.3.3

クラブ初心者でダンスができないと、クラブで浮いてしまうのではと心配になる人が多いです。でも、それはそれほど重要ではなりません。クラブに居るほとんどの人がダンスができるわけではないのです。では、クラブに行って浮かないためにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

そこで、クラブにおけるダンスの必要性やクラブ初心者が浮かないためのコツについて、ダンスができなくても問題ないことやダンスよりも音に軽く乗る動きが大事だということ、クラブで浮かないためのリズムの取り方やクラブでよく流れている音楽のジャンル、クラブ初心者の服装や準備などお伝えしていきましょう。

これで、クラブに行ったことがない初心者の人でも、ダンスの自信がなくても、ダンスができなくても、気にせずにクラブに行くことができるでしょう。浮かないためのリズムの取り方を練習しておけば、さらに安心です。ぜひ参考にしてみてください。

クラブ初心者はダンスができなくても大丈夫

クラブに集う人たちは、みんながみんなダンスが上手いわけではありません。そもそも、彼らの中にはダンス経験者などほとんどいないと言っても良いかもしれません。

クラブに初めて行く人にとっては、ダンスができないと不安に思う人も多いですよね。ですが、純粋に踊りたくて行く人もいれば、大音量で音楽を聴きたい人や、その中で友達と話したり、お酒を飲むのが好きだという人もいます。

このようにクラブの楽しみ方は人それぞれなので、ダンスに自信がないからと不安に思う必要は全くありません。初めての場所で縮こまって遠慮しているよりも、むしろ、自信を持って堂々とした態度で、ただリズムに合わせて体を動かしているだけでも、なんとなくそれっぽく見えるのでご心配なく。

初めは誰でもクラブ初心者ですから、その場の雰囲気に圧倒されたり、上手く溶け込めなかったりするかもしれませんが、何度か足を運ぶうちに、余計なことは考えずに自然と踊れるようになりますよ。

クラブ初心者はダンスよりも音に軽く乗る動きが大事

誰もが知っている曲であれば、曲のサビに合わせて手をあげたり、お決まりのジェスチャーがある場合もありますが、ダンス自体にルールなどとくにありませんので、自分が好きなように踊るのが一番です。

そもそも、クラブで本格的にダンスをしている人自体が少ないですし、混雑したクラブ内で激しく踊り回るスペースなどありませんので、むしろダンスというよりも、大音量で音楽を聴きながら楽しく体を揺するといったほうが正解かもしれませんね。

初心者感を出さずに自然と振る舞うには、音のリズムに合わせて軽く乗る程度で十分でしょう。踊ることを必要以上に意識してしまうと、心の底から楽しむことができないものです。それでも心配な場合は、クラブに行く前に自宅などで音に合わせて体を動かし、リズムに乗れるかどうか試してみるのも良いでしょう。

クラブで初心者がダンスで浮かないためのリズムの取り方

クラブ初心者の人は、とにかく周囲から浮いてしまうことを不安に思っている人が多いです。クラブに行ってみたいけれど、初めての場所でどんな風にダンスしたら良いのかわからず、自分だけ浮いてしまうことを恐れる気持ちもよくわかりますが、むしろ周囲の動きを無視して激しくダンスしている人のほうが、クラブでは圧倒的に浮きます。

周囲に合わせてなんとなくリズムに乗って体を動かしていれば、そのうち余計なことは考えなくても自然とダンスができるようになります。
さらに、曲に合わせて腕や膝を軽く曲げ伸ばしする動作(アップ&ダウン)が自然とできれば、クラブミュージックのリズムのとり方としては完璧です。なんだかぎこちない動きになるのが心配な人は、鏡を見ながら練習してみるのがおすすめです。

大きなクラブであれば、その中には当然あなたと同じようにクラブ初心者もたくさんいますので、自分だけが浮いてしまうことを不安に思わずに、ただ楽しむことだけを考えていればOKですよ。

クラブでよく流れているダンスミュージックのジャンル

ダンスミュージックとひとことで言っても、ハウスやテクノ、トランス・ヒップホップなど、さまざまなジャンルがあります。クラブによっては特定のジャンルをメインにしている場合もありますので、まずは自分の好きなジャンルが多くかかるクラブに行ってみるのもおすすめです。

他にも、クラブ初心者の人は自分の好きな音楽ジャンルのクラブイベントでクラブデビューをするのも良いでしょう。多くのDJが参加するクラブイベントでは、ホームページやイベント用のフライヤーなどで事前にタイムテーブルが発表されているケースが多いので、自分のお目当てのDJの時間帯に合わせて、クラブの雰囲気を体感しに行ってみるだけでも楽しめると思いますよ。

イベントが一番盛り上がる時間帯は、やはり人気DJが登場する深夜から明け方にかけてです。イベント開始直後からペース配分を考えずにダンスに熱中しすぎてしまうと、肝心な時に疲れがピークになって、最後まで楽しめなくなってしまうので、適度に休憩を取りつつ楽しみましょう。

クラブは初心者でも普通の服装で入れます

「クラブ=オシャレな人たちが集う場所」というイメージがあるかもしれませんが、初心者が意識したいのは、オシャレよりもまずは、動きやすくて汚れても大丈夫な服で行くことです。

クラブの中は、深い時間帯になるほど相当混雑してきます。気合を入れてお気に入りの服を着て行ったとしても、すれ違いざまに人とぶつかってドリンクをかけられたり、足を踏まれて靴がひどく汚れてしまったりする可能性も高いため、間違ってもいちいちクリーニングに出さなければならないような服では行かないほうが良いと思います。

ただし、ジャージにハーフパンツといったような、あまりにラフすぎる格好だと、クラブやイベントによっては入場を断られてしまう場合もありますのでご注意ください。時々、高いヒールの靴を履いている女性も見かけますが、足を踏んだり踏まれたりすると危険なので、サンダルなどは履いて行かないようにしましょう。

ダンスなんか上手くなくても、とびきりオシャレじゃなくても、クラブは音楽好きな人にとっては誰にでも楽しめる場所です。クラブ初心者だからと身構えずに、気軽に足を運んでみてくださいね。

 - 知識・雑学