悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

メバル釣りの時間帯と季節ごとのメバル釣り・釣れる場所を解説

2019.3.6

これからメバル釣りにチャレンジしてみようと思っている人の中には、メバルが釣れる時間帯がいつなのか分からない人もいるのではないでしょうか。

せっかくメバル釣りを楽しむのですから、なるべくたくさん釣れる時間帯を知ってメバルを釣りたいことだと思います。

ここでは、メバル釣りにおすすめの時間帯や季節ごとのメバル釣りのポイント・メバルが釣れる場所についてご紹介します。

メバル釣りに関する知識を得て、効率よくメバル釣りを楽しみましょう。

コツを知って釣りをすることで、たくさんメバルをゲットすることができます。是非参考にしてみてください。

メバル釣りに適した時間帯

釣り好きでメバル釣りをしてみようという方がいますね。
メバルは他のよく釣れる魚と同じように思われがちですがメバルの習性は少し独特なので経験とテクニックが必要です。
たまたまメバルがつれた経験ある方がいるかもしれませんが、メバルについて知識がなかったのならたまたまメバル釣りをするのに好条件だったのでしょう。
これこそが釣り人を熱くさせる要因でもあります。
中には数時間で2桁以上釣り上げる人もいれば、全く釣れないとなげく釣り人もいます。

釣り方や釣りをする時間帯、場所などメバルについて知識がなければメバルは簡単に釣れる魚ではないのです。
メバル釣りにチャレンジする前に初心者の方はまずメバルの生態や習性について知識をつけておきましょう。

メバルが釣れる時間帯

夜行性であるメバルは夜になると活動し始めます。
なのでメバル釣りは基本的に夜が適しています。
ただし、満月だったり、明かりが近くにたくさんある海ではメバルが日中と勘違いしてあまり釣れないことがあります。

日中はテトラポットや障害物があれば、その影で身を潜めジッとしています。

メバル釣りの時間帯は釣り方次第で夜間以外も釣れる

メバルは夜行性なので夜釣りが適していますが、釣りをマスターする人であれば夜以外の日でも釣れることもあります。
知識や経験がない初心者が昼にメバルを釣り上げることは「難しい」としか言いようがありません。

昼間にメバルを探す方法

  • テトラポットや障害物の影や岩や磯の隙間
  • 泳ぎがあまり得意ではないメバルは潮の流れが穏やかなところ

昼間にメバル釣りをする場合はこのような部分を探してみてください。

また、このような位置であってもメバルはいるところにはたくさんいますが、いないところであれば全くいないので、メバルがいる場所を探し当てることが大変かもしれません。
アミエビのコマセを撒いてみると餌を求めて海面に上がってくることがあります。
しかし他の魚も多く寄ってくる上に、コマセでお腹を満たしてしまっても満足してまた海底へと潜ってしまうことがありますので、必ずしも良い方法とは言い切れませんね。

釣りに慣れてある程度メバルについて知識がつけば、ゲーム感覚であえて昼間にメバル釣りをするのは楽しそうですね。
このように楽しむ釣り人は実際に多いんですよ。

春にメバル釣りをする場合の時間帯について

メバルは夜行性なので、夜によく釣れる魚で、メバル釣り初心者にとっては釣るのが難しいと述べていますが、時間や経験帯関係なくメバルが釣れやすい季節があるんですよ。

それは3~5月にかけて寒い冬を抜けて暖かくなる春です。

メバルは春告魚とも呼ばれ、その名の通り「春の訪れを告げる魚」ということで知られています。
産卵を終え、暖かくなる春にとても活発になる魚です。
そのため夜に限らず朝や夕方にも連れやすく、初心者の方もメバル釣りを楽しめるシーズンです。

そして、また水温が上昇しすぎてしまう夏では活動が鈍くなりますので、また昼間にメバルを釣るのが難しく釣り人の熱を更に加えてしまうのです。

季節や時間帯によって動きが違うので、メバル釣り初心者の方は経験が必要になります。

夏から冬にかけてのメバル釣りについて

メバルは春に最も釣りやすくなりますが、その後の季節の動きも把握しておきましょう。


  • 水温の上昇と共にとても活発になるため釣りやすい。
    栄養をたくさん蓄えることができるので大型を狙いやすい。

  • 水温の上昇が春よりも著しく、メバルにとっては嫌な季節。
    しかし、地域によっては適度な水温になり活発に動くこともありそうです。メバルは全体的に見て小型のものが多くなります。

  • 暑い夏から涼しくなる秋は再びメバルが動きやすい時期に突入し、釣りのルアーに積極的に反応してくれます。

  • 気温の低下に伴い水温もかなり低くなります。
    メバルの活動が鈍くなりますが12月産卵期に入るので大型のメバルを釣るチャンスでもあります。
    しかし、メバルが産卵しなければメバルの数は増えていきません。
    卵を抱えているメバルはリリースしてあげることをオススメします。
    1月に入ると産卵で体力が低下し釣り竿のルアーにも反応しづらくなります。

メバルの習性を知っておくことで、あえて釣りづらい時期や昼間を狙ってみたりとゲーム感覚でメバル釣りが余計に楽しくなりそうですね。
釣った時の達成感はよく釣れる魚たちとは違うものがあるんですよ。

これもメバル釣りの魅力ですね。

メバル釣りのポイント!メバルが釣れる場所

メバルが釣れるポイントをおさらいしておきましょう。

  • テトラポットの影
  • 岩や磯の隙間
  • 桟橋や護岸沿いの際
  • 海藻の隙間

何もないところではあまり釣れないので、このような釣れるポイントを抑えておきましょう。
そして釣りやすい時間帯とシーズンについても把握しておくと良いですね。

メバルをモノにしたり、時にはメバルに遊ばれたり、とても魅力のあるのがメバル釣りですよ。

どうぞ楽しんでメバル釣りを行ってください。

 - スポーツ