悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

手作りの工作。簡単かつ少ない材料で作る方法

2019.3.6

手作りの工作を簡単かつ、短時間で作る方法をご紹介します。

もちろん、工程も材料も少ないほうがよりよいですよね?材料も家にあるものだけで済ませたいですよね?

どんな家庭にでもある材料で、簡単に作れる工作のレシピをご紹介します。

家にあるもので、材料も工程も少なくぱぱっと作ってしまうことを目的として取り組みましょう!

それでは、簡単に作れる手作り工作たちをご覧ください。

手作り工作。超簡単!材料も工程も少ない『パズル』の作り方

小学生の子供がいる場合、夏休みや冬休みになると頭を悩ますことの1つが自由研究ではないでしょうか。

子供が自分で作ってくれる場合は良いですが、結局一緒にやらなくてはいけないという方が多いと思います。

工作をしようと思っても材料を買ってこなくてはいけなかったりと、面倒ですよね。
そんなときは、家にあるもので簡単に作ってしまいませんか。ここでは、簡単に作れる工作について紹介したいと思います。

ダンボールで作る工作、パズル

ダンボールなら家にあるという家庭が多いのではないでしょうか。このダンボールを使ってパズルを作ってしまいましょう。

まずは、パズルにしたい絵を探します。

自分で絵を書いてもOKです。そして、絵よりも大きくなるようにダンボールを2枚同じ大きさにカットします。

一枚のダンボールに絵を貼ります。このとき全体がつくように全体的にのりをつけて貼ってくださいね。

絵を貼ったほうのダンボールを枠を作るように切り抜きます。そして、この枠の方をもう一枚のダンボールに貼り付けます。

パズルを出したときにもう一枚のダンボールが見えるので、見栄えを良くしたい場合はもう一枚の方のダンボールに色がついた綺麗な紙などをはるといいですよ。

そして、切り抜いた絵を好きなようにピースに切ればパズルの完成です。

ダンボールと絵だけで簡単にパズルができてしまうので簡単ですし、家にあるもので作りたい場合におすすめですよ。

手作りの工作といえばペットボトル!

家にあるもので簡単に工作をしたいと考えたときに、ペットボトルを使った工作もおすすめです。

ペットボトルはどこのご家庭にもあるのではないでしょうか。このペットボトルを使って、マラカスを作ってみませんか?

簡単マラカスの作り方

必要なものはペットボトル2本とテープと中に入れるものだけです。

ペットボトルの中をよく洗い乾燥させます。そして、中に石や貝殻、ビーズなど好みのものを入れて、飲み口の部分をテープでつなぎ合わせれば完成です。

中に入れるものを休み中に拾った貝殻や石などにすることによって思い出の作品にもなりますし、とても簡単にできるのでおすすめですよ。

中に木の実などを入れるときには煮沸するなどし、虫の対策をしてからにしてくださいね。

簡単だからたくさん作ろう!手作りスタンプの作り方

ペットボトルは蓋を使っても簡単に工作することができます。ガラス製品を買った時などに発泡シートで巻いてあったりしますよね。この発泡シートとペットボトルの蓋を使ってスタンプを作ってみませんか。

簡単に作れるスタンプの作り方

白い紙にペットボトルの蓋の大きさをなぞって書き、絵を書くスペースを作ります。

この蓋の大きさより小さくなるように下絵を書きます。そして、その下絵の上に発泡シートをのせペンを使って写し絵し、ハサミで切り取ります。

ペットボトルの蓋を2つつなげてテープで止めて穴がないようにします。蓋の上の部分に切り取った発泡シートをボンドで貼り付ければスタンプの出来上がりです。

材料さえあればとても簡単にできてしまいますが、1つだけではなく何個もつくることによって大作になるので、いろいろな種類のスタンプをたくさん作って素敵な作品にしましょう。

手作り工作。簡単だけど大作に見えるウォールポケット

次に紹介するのは作ったあとも活躍することのできるウォールポケットです。難しそうにみえますが、作り方も簡単ですし、材料も家にあるものでできると思います。

簡単ウォールポケットの作り方

必要なものは、ダンボール、牛乳パックや空き箱、画用紙や包装紙、紐だけ

  1. 牛乳パックや空き箱をどのようにダンボールに付けるかを決めます。
  2. 物の出し入れが簡単になるように斜めにカットするなどしてポケットを作ります。
  3. 付ける位置や形が決まったら、ダンボールと牛乳パック、空き箱に画用紙や包装紙を貼り付けます。
  4. 貼り付け終わったら、ポケットをダンボールに付けます。この時、両面テープをたくさん使うなどして、物を入れても剥がれてしまわないようにしましょう。
  5. 最後に、上の部分に2箇所穴を開け、壁にかけられるように紐を通しましょう。
  6. これで完成になります。

工程は少し多いですが、とても簡単につくることができたのではないでしょうか。

子供の好みに装飾するなどすれば、自分好みのウォールポケットを作ることができるので楽しく工作をすることができると思います。

家にある材料で簡単に手作り工作

家にいらない布と大豆やBB弾があるのであれば、お手玉を作ってみませんか。

簡単お手玉の作り方

  1. 布を半分に折ったら正方形になるように、横10cm、縦5cmのように長方形に切ります。この布を4枚作ります。
  2. 1枚の布を横に置き、もう1枚をすでに置いてある布の上の辺に合うように右端に縦に置きます。
  3. 7のように置いてあると思います。このときに重なっている、右端の部分を縫っていきます。
    そして、角まで来たらそのまま、下の布の下の辺の部分に合うようにして縫っていきます。
  4. 下の辺の途中までしか布がないのでそこで縫い終わります。残った2枚の布も同じように縫い合わせてください。
  5. 同じものが2つできたら、次はひっくり返して上に重ねた布の上の辺と、もう1つ同じものを作った方の、上に布を重ねた時の上の辺の下の部分とを縫い合わせていきます。
  6. 両方縫い合わせると形になってくるので、あとは丸くなるように少しだけ縫い残しを作るようにして縫い合わせます。
  7. 縫い残した箇所から、大豆やBB弾などをいれて残した部分も縫い合わせれば完成です。

材料は100均で揃っちゃう!子供と一緒にスクイーズを作っちゃおう

家にあるもので作ってしまいたいと考える人も多いと思いますが、100円均一に買い物に行けば可愛いスクイーズを作ることもできます。

必要なものは、スポンジとガラス塗料、ハサミやカッターだけです。

作り方は簡単で、スポンジを好みの形に切り、色を付ければ完成です。形にするまでが大変だと思いますが、自分好みのものが作れるので楽しいのではないでしょうか。

スポンジを小さく切ってボンドで付けるなどすれば可愛いトッピングにもなりますし、女の子にとてもおすすめです。

メインの材料は牛乳パック!牛乳パックで大作を作ろう!

上でも牛乳パックを使った工作をご紹介しましたが、牛乳パックはいろいろな工作を作ることができます。

牛乳パックを好きな形に切り取り中にライトをいれれば、ランタンを作ることができたり、牛乳パックにペットボトルの蓋で作ったタイヤを付けて車を作ることもできます。

また、牛乳パックを組み合わせてロボットや恐竜など大きな作品を作ることも可能です。

アイデア次第で家にある牛乳パックだけでも大作を作ることができるので、子供とどんなものを作ろうか考え素敵な作品を作ってくださいね。

 - 子育て・教育