悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

顔のパーツが大きい派手顔さんにおすすめ!引き算メイクのコツ

2019.3.7

顔のパーツが大きい、目鼻立ちのはっきりした女性は、メイクも映えて美人な女性も多いですよね。
しかし、その分、顔の印象が派手に見えてしまったり、薄化粧のつもりでも張り切ってメイクしたように見られてしまう、と言うこともあるようです。
そんな風に見られる女性が、ナチュラルな印象を目指したい時には、引き算メイクを意識してみましょう。
派手顔さんにおすすめの引き算メイクの方法や、カラーの選び方などをご紹介します。

顔のパーツが大きいと派手な印象に見える

顔のパーツが大きくはっきりした顔立ちのいわゆる派手顔の女性は、同じ女性から見ても美しい印象があり羨ましいですね。
このような周りから見た印象とは裏腹に、顔のパーツが大きい女性にはそれなりに悩みもあります。

顔のパーツが大きいからこそ薄化粧のつもりでも派手になってしまうこと

なるべくナチュラルな印象になるように、化粧を工夫していたりします。

逆に顔が薄くて化粧をしてもいまいちピンとこない、いわゆる地味顔の人にとっては贅沢な悩みですよね。

結局のところ女性は無い物ねだりなのかもしれません。自分が何顔なのか、なんとなくわかりますよね。
それぞれ悩みはお持ちでしょうが、今回は派手顔でお悩みの女性が解決できるような記事を紹介したいと思います。

顔のパーツが大きい方のメイクは引き算メイクを意識

顔のパーツが大きいことでメイクが派手に見られがちになってしまう場合はパーツの特徴を活かした引き算メイクを意識しましょう。

顔のパーツが大きい女性の特徴

  • 目がぱっちりと大きい
  • ほりが深い
  • 鼻が高い
  • 唇が印象深い

引き算メイク

派手顔の特徴を隠そうとすればするほどメイクの仕方を間違ってしまう人がいます。
大きい目にラインをパッチリ、マスカラを何度も塗ってしまうこと、鼻筋のハイライトを濃く塗ってしまうこと、濃い口紅を塗ってしまうこと、これはNGです。
派手顔が更に派手顔になってしまい、キツイ印象を与えてしまいます。※あえてそうする場合にはなんの問題もありません。

そこで、登場するのが引き算メイクです。

  • ライン、マスカラ、鼻筋のハイライトは薄く
  • リップは主張しすぎない色合いに
  • 立体感を出すチークはふんわりと

全体的に引き方や塗り方を控えめに、そして使うメイク道具の色合いは可愛らしい柔らかいイメージのものを使用して、自分の顔のパーツに対し、足し算ではなく引き算をしながらメイクをしていくと、派手な印象が柔らかくなります。

顔のパーツが大きい女性のアイメイクは透明感を重視

顔のパーツが大きい女性はメイクすると特に目が強くてキツイ印象を周りに与えてしまいます。
この目力がは羨ましがられる的でもありますが、派手顔な女性にとっては悩みがちな部分でもあります。

アイメイクの仕方に注意するだけで、目の強い印象を柔らかくすることができます。

目が大きい女性のアイメイクの仕方

  1. アイホールにパールの入った透明感あるベージュを塗ります。グラデーションなど流行りのメイク方法がありますが、色を重ねる事はより目の印象を強くさせてしまいます。
  2. ラインは目元全体ではなく目尻にかけて3分に1程度の長さでまつげの隙間を埋めるように。色はブラウンを使うと、元々のパッチリ二重に見えます。
  3. 2までの工程で十分ですが、もうひ一手間加えるとするなら黒目の上だけブラウンのシャドーを塗ると黒目が大きく見える効果があります。

眉は優しさを与えるふんわり眉毛に

顔は目の印象が最も強いと思っている方が多いですが、実は眉毛でもあります。

元々のアーチや太さによっても異なるのですが、濃く太めに仕上げてしまうことで、より目の印象をきつくさせてしまうのです。

元々派手顔なら、元々眉毛もしっかりとしていることでしょう。
あちらこちらとメイクで手を加える必要はなさそうですが、ふんわりした雰囲気を出すためにはナチュラルなカラーの眉ペンシルで眉尻のみ足したり、眉マスカラでふんわり明るい雰囲気に仕上げていきます。

眉山に角度をつける必要はなく、なめらかで短めの眉毛の形を作りましょう。

顔のパーツが大きい人は本来、メイクをガッチリする必要はない

あえて、強くきつい印象を作り出したい時にはよいのですが、コンプレックスでしたら、顔のパーツを活かした引き算メイクするだけで、ナチュラルに、そして元々のパーツの魅力を引き出すことができますよ。

リップは馴染みやすいカラーがおすすめ

その時々で流行りのメイクの仕方が異なります。
それに季節ごとによってもメイク道具のカラーを変えて雰囲気を作ったりとメイクは女性ならではの醍醐味です。

どんなメイクの仕方であってもカラーでもあっても、顔のパーツが大きい女性はカラーに気をつけてほしいのです。

同じ色でもハッキリと濃いもの、ふんわりと優しいものがありますね。

派手顔な女性はどれもふんわり優しいイメージのカラーを選んでください。

目や眉などナチュラルにしあげてもリップのカラーが濃いものですと一気に派手顔を強調させてしまいます。

肌の色に馴染んだ、ナチュラルなカラーにしてくださいね。

メイクを透明感あり、ナチュラルで、清楚なイメージに仕上げると男女問わずに好印象を与えることができますよ。

顔のパーツが大きいことをコンプレックスに捉えるのではなく、プラスに捉えメイクを楽しんで悩みを解消してみてくださいね。

 - ファッション・ビューティー