悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

新幹線と電車の違いはスピードだけではない!詳しく解説します

2019.3.8

新幹線と電車の違いを聞かれると「スピードが速いのが新幹線」と答える人が多いのではないでしょうか。

しかし、違いはそれだけではありません。料金はもちろん、レール幅も違うのです。

今回は、新幹線と電車の違いについて詳しく説明します。スピードやレール幅がどのくらい違うのかわかっていただけるでしょう。

また、新幹線の路線によっても最高速度は違います。一番速い新幹線やそれぞれの新幹線の特徴についてもご紹介します。お子様に教えてあげましょう。

新幹線と電車のスピードの違いは約2倍!

「列車」と1つ言っても、汽車だったり電車だったり様々な呼び方が存在し、それぞれ違った特徴があるのは知っていましたか?
わかりやすいところで言うと新幹線と電車です。
新幹線は列車の中でも1番のトップスピードを誇っているのは誰しも承知の事実ですよね。ただし、その新幹線と電車の違いは他にもたくさんあるのです。
今回は「鉄道マニア」なみに列車について詳しく紹介していきたいと思いますので、よろしければお付き合い下さい。

そもそも列車とは?
レールの上を走る全ての車両に言える総称で、電車や汽車や新幹線も列車です。
ちなみに2両あるから列車というわけではなく1両編成でもれっきとした列車という名前がつきます。

電車と新幹線の違い

簡単に言うと、電車は電力によってレールの上を走る乗り物です。速さは勿論違いがある以外にも、特徴的なのがパワーの違いです。
モーター自体が全く違う大きさの物を使用しているので速さも2倍ほど違うと言われています。
他には新幹線は流線型(風の抵抗を少なくするための曲線せ構成された前部分)を取り入れているため、前の部分は電車とは明らかに違いがあるでしょう。

新幹線と電車はレール幅も違います

他にも違いはまだあります。

「レールの幅」の違い

電車のレールは踏切が設置されている事もあり目で確認することも出来るほど身近な存在ですが、新幹線のレールは都市部に行けばいくほど高い壁で囲われており橋状に製造されている事が多いため、実際に乗った人や改札に出た人じゃなきゃ確認できないですよね。
そこで、どのくらい違いがあるのかも検証してみました。

基本的な新幹線のレール幅

1435mm軌間に対して、在来線は1067mm軌間と言ったように間隔が短いのが特徴的と言えるのです。
そしてこの幅は、各鉄道会社によってもバラバラな幅ですので、どの軌間が正しい、正しくないと言うことは一言では言い切れないのも特徴的なのです。

新幹線と電車の価格の違いについて

では、乗車価格は比較するとどうでしょうか?
イメージ通り新幹線の方が高いだろうというのはわかる気がします。おおよそどのくらい違いがあるのかを検証してみました。

新幹線の価格はおおよそ5倍に

同じ距離を電車と新幹線で料金の比較をしてみたところ、およそ5倍以上新幹線の方が高い事がわかりました。(勿論鉄道会社によっても価格はバラバラですので、正確なところはお伝えできない事を了承下さい。)
こんなに値が高いなら、みんな電車にしか乗らないと思いきや、しっかり新幹線を利用している人はたくさんいます。
なぜなのでしょうか?ただ単に裕福な人が利用する乗り物なのでしょうか?

時間はお金では買えない

まさにそのままですが、例えば北海道の函館から東京まで新幹線に乗車したとします。
なんと驚き、所要時間は約4時間です。
それに対して、現在は運行停止となりました寝台特急列車だと約12時間も要する事がわかったんです。
12時間といったら半日、しかも新幹線の3倍の時間がかかりますよね。
確かに、いくら多少お金がかかったとしても仕事で急いでいるサラリーマンや用事のある人は利用してしまうというところもわからなくはないですね。
お金は働けばいくらか得ることはできますが、時間は戻ってきませんものね。

新幹線と在来線の違いについても理解しましょう

では、もう少し新幹線と在来線の違いについてお伝えしていきたいと思います。

新幹線と在来線の特徴

新幹線は日本のJRグループが運営する高速鉄道の事を言います。
それぞれJR北海道やJR東海など各地域によって仕切っている鉄道の管轄は違いがあり、新幹線もそれぞれ北海道新幹線、東海道新幹線など区間で新幹線の種類もわかれているのが特徴です。
ですので、現在日本では7路線の新幹線が日本を走り回っているのです。
その一方で在来線というのは、JRグループが運営している新幹線以外の鉄道路線の事をさしています。
そして、在来線と違い高圧な電力を使用し走行しているのが新幹線の特徴でもあるのです。

新幹線の最高速度は路線によってそれぞれ違います

ここまで、スピードだけ違うわけではないという事がわかりましたか?

最後になりましたが、日本の誇れる8つの新幹線の特徴含めて最高速度についても紹介していきたいと思います。

  1. 北海道新幹線…北海道で有名な花、ラベンダーを主体とした緑紫がかった色が特徴的な新幹線です。最高速度は260キロとされています。
  2. 東北新幹線…こちらも北海道新幹線と色は同じように感じます。なんと!最高速度は320キロで、実は8つの新幹線のうち1番早いタイプがこの東北新幹線なのです。
  3. 山形新幹線…別の名はミニ新幹線、戦隊モノのヒーローかのような青と赤のコントラストがまさに際立つ新幹線です。最高速度も少し抑え気味の130キロになっています。
  4. 秋田新幹線…別名「こまち」と言われている人気の高い新幹線の1つ、目立つ赤が主の色、ミニ新幹線の1つのため最高速度は山形新幹線同様130キロが最大とされています。
  5. 上越新幹線…他の新幹線と違い上部は白を主とし、下部にピンクや青色を取り入れているのがこの新幹線の特徴です。最高速度は240キロとされています。
  6. 東海道新幹線…1番シンプルと言っても言い側面に青のラインが入っている以外白が主体の東海道新幹線ですが、最高速度は285キロもでる高速新幹線の1つです。
  7. 北陸新幹線…青が前部から後頭部に繋がっている色味のある北陸新幹線ですが、最高速度は260キロです。
  8. 山陽新幹線…一見オシャレな見た目の紫色が主体の山陽新幹線は、最高速度300キロもだせる新幹線です。
  9. 九州新幹線…白が主体の側面に赤のラインが1本入っただけのシンプルな色味の新幹線です。最高速度は260キロと言われています。

 - 知識・雑学