悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

ソイル【水槽】の掃除の流れや交換をするタイミングについて

2019.3.11

水槽に魚だけでは物足りない…水草も育てたい人が使うソイルですが、どのように掃除をしたらいいのか困ってしまいすよね。

ソイルの水槽を掃除するときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?ソイルを掃除するタイミングや掃除方法を紹介します。

また、ソイルの寿命や交換するタイミングなどもぜひチェックしてみてください。

ソイルの水槽は掃除が必要?このタイミングで行いましょう

熱帯魚を育て始める時、ショップの方に「水槽に水草も一緒にいれるのならソイルが良い」と勧められ、水槽に砂利ではなくソイルを敷き詰めた方もいらっしゃると思います。

ソイルとは

栄養分を蓄えた土に熱を加えて焼き固めたものです。そのため水草がよく育つというわけです。

では本題のソイルには掃除が必要か?という点ですが、ソイルにも汚れが生じてしまい、水槽の水を汚す原因となりますので、掃除は必要になります。

掃除をするタイミング

掃除をする理由は汚れを取ることですから、ソイルの汚れが気になるようになったら掃除をすると良いでしょう。

目安としては1ヶ月に一度程度ですが、あくまでも目安なので汚れがひどいようであれば、もっと間隔を短くして掃除を行ってください。反対に汚れていないと感じるのなら、掃除の間隔を1ヶ月よりも長くしても良いでしょう。

掃除のタイミングに迷ったら、汚れ具合を見て判断をしてくださいね。

ソイルの水槽を掃除するときに気をつける事

掃除のタイミングについてお話をしましたが、ソイルの掃除をする場合には気をつけてほしい点がいくつか存在します。

ソイルを潰さないように掃除をすること

ソイルは上記したように土を焼いて固めたものです。強い力を加えるとソイルは潰れてしまいます。

ソイルが潰れると、水槽の中の水質にも影響を及ぼすので、この点には充分に注意が必要です。

ちなみにソイルに溜まる汚れは、魚の糞や餌の食べ残しなど細かな汚れです。ソイルをできるだけ触らずに、ゴミなどの汚れだけを取り除くようにしましょう。

その他にはソイルに根付いている水草にも注意は必要です。しっかりと根付いている場合は、多少のことで水草が掃除用具などに吸い込まれることはありませんが、植えたばかりの水草は根付きも不十分で、掃除をしている際に一緒に巻き込まれてしまうこともあります。

掃除をする際には、なるべく静かに行うこと。

水槽の中の水を濁さないよう、水草を吸い込んでしまわないように、この点にも充分に注意をしてください。

ソイルの水槽を掃除するならホースがおすすめ

ソイルの掃除をすると言っても、ソイルのもとは土なので、砂利の様にこすり洗いができるわけではありません。

ソイルの掃除方法は、一緒に混じり合っているゴミを吸い取ること

そのためソイルを使用している多くの方は、掃除と水替えが一度でできる水槽掃除用のホースを利用し、行なっています。

掃除用のホースを使って水換えと掃除を同時に行う場合の注意点は、できるだけ水流を遅くすることです。

そうすると掃除の砂を巻き上げる事が極力少なくなり、水槽の中の水が極度に濁ってしまうことを防げます。

また水流を遅くすることでソイル同士がぶつかることを防ぎ、ソイルが潰さずに掃除が可能となります。ソイルが潰れてしまうとソイル自体の通気性が悪くなり、ソイルの寿命を短くするだけではなく、水質にも影響が出てしまうので充分に注意をする必要があります。

その他には掃除用のホースを使った際、掃除が終わった後すぐにホースを外してしまうと、汚れが水槽の水の中に広がってしまい、せっかくの掃除が台無しに。

ゴミなどが浮いている間はホースを外さずに、しっかりと浮遊物が収まってから外してくださいね。

ソイルの水槽を掃除した後は水を足しましょう

ソイルの掃除をする時には水換えも一緒に行います。ゴミと一緒に水槽の中の水もバケツに移していくので必然的に、水槽の中の水は少なくなってしまいますよね。

そこで水槽を掃除、水換えを行なった際は必ず水足しが必要となります。

しかし御存知の通り、水道水を直接水槽の中にいれることはできません。水道水の温度管理、品質管理を怠ると飼育している熱帯魚へ影響を及ぼしてしまいますので、注意をしてくださいね。

掃除後の水の足し方

まずは水の温度を熱を計り飼育している熱帯魚に合った温度にします。

次に水質調整剤を入れます。水質調整剤は塩素中和、コンディショナー、白濁除去剤などです。

全てを用意するのは面倒、という方はそれぞれの効果が1つでまかなえる商品もありますので、そちらを探してみてください。

水質調整剤を使うことで塩素除去などが簡単に行えるので、水槽掃除を思い立ったときに行うことができて便利ですよ。

水の温度、水質調整を行なったら、その水を水槽に入れて掃除終了です。

ソイルは無限に使えるわけではありません

ソイルは掃除をすることで無限に使えるのか?というと、そうではありません。栄養を含んだ土でできているため、水草に栄養を与えるとソイル自体に栄養は徐々になくなっていきます。

そのまま放置をしていくと、やがて水草にも栄養が行き届かなくなり、変色してきたり成長が悪くなってしまうでしょう。

そのためソイルを新しくして1年を経過したら、水草の様子やソイルの状態を確認して取替時期を見極めなければいけません。

水草の成長が良い場合は、そのまま様子を見てもOKです。

ソイルの交換時期がやってきたものの、水草が上手く成長している場合どうしてもソイルだけを交換したいと思ってしまいますよね。しかし水草が根を張っているので、ソイルだけを交換するのには無理があります。

一から立ち上げを行う気持ちでソイルの交換を行なってくださいね。

また水槽の立ち上げを行う際に、熱帯魚を増やす方もいらっしゃいますが、土に潜ったり、掘り返しで餌を探すような魚はソイルとの相性がよくありません。その理由は、ソイルが潰れてしまうからです。

熱帯魚を増やす際には、ソイルを使うことができるかどうかも考慮しましょう。

 - 動物・ペット