悩み多き現代人の問題解決

悩み多き現代人の問題解決│ひらめきステーション

バルーンモーリーの稚魚の成長速度や出産・育て方について解説

2019.3.16

バルーンモーリーの繁殖に挑戦したいと考えている人もいますよね。ぷっくりとした可愛い見た目で、とても愛らしい姿が人気です。

バールンモーリーの稚魚を育てる時、一体どのくらいのスピードで成長するものなのでしょうか。成長速度を知って、うまく繁殖させてみましょう。

ここでは、バルーンモーリーの稚魚の成長速度や出産・繁殖に関する情報をお伝えします。これから繁殖に挑戦しようと思っている人は、稚魚の特徴や飼育する時のポイントを知ってうまく繁殖させましょう。

うまく管理することで、水槽の中のバルーンモーリーを絶やすことなく継続して飼育することができます。

バルーンモーリーの稚魚はお腹で成長して孵化する!出産の兆候

バルーンモーリーの繁殖は簡単で、逆に増えすぎて困るくらいです。

バルーンモーリーは卵ではなく、お腹の中で孵化させて稚魚を産みます。

一度に20~50匹の稚魚を産む

バルーンモーリーの出産には3週間かかります。お腹がいつもよりパンパンに膨らんでいたら、出産が近いと思ってください。ちょっとわかりにくいので、普段からバルーンモーリーの状態をよく見ておくことが大切です。

出産間近のバルーンモーリーの兆候

底の方でじっとしていることが多くなり、急に止まったりバックする動きを見せます。呼吸が荒くなってきたりもします。他の魚から距離をおくようにもなります。

出産を終えたら、1週間後には次の卵が出来ますので、1ヶ月後にはまた稚魚を産みます。1つの水槽にバルーンモーリーを5匹以上飼育すると、どんどん繁殖していきます。繁殖時期になるとオスがメスを追いかけるようになるので、観察していると出産もわかるようになります。

バルーンモーリーの稚魚の成長速度

バルーンモーリーの稚魚は生後から1ヶ月で1センチ、3ヶ月で3センチに成長します。

3センチまで成長したら、親のバルーンモーリーと一緒に飼育することが可能

稚魚がまだ小さいうちは、親魚に食べられてしまうことがあります。稚魚を飼育して増やしたい場合は、親魚とは離して別の水槽で飼育してください。
又は、水草を多めに入れて、稚魚が隠れる場所を増やしてあげると良いです。

稚魚が生後2ヶ月くらいすると、色が出てくるようになります。

バルーンモーリーの稚魚の成長に必要な餌について

稚魚のエサには小さくて栄養価が高いものを選んでください。人工餌だと栄養バランスが良いので健康に育ってくれます。
天然のエサの場合は乾燥赤虫でも良いですが、ブラインシュリンプがおすすめです。

大きいと稚魚が食べてくれないので、小さくしてから与えてください。
親魚のエサを与える場合はすりつぶして小さくしてから与えると良いです。

稚魚のエサは1日2回、食べきれる量だけ与える

エサを与えすぎると肥満の原因になります。転覆病にならないためにも、エサの量にも気をつけてください。

エサの与えすぎは水質の悪化にも繋がります。食べきれずに残ったエサで水が汚れてしまいます。バルーンモーリーの健康状態にも影響が出ますので、エサは食べきれる量を与えてください。
エサを与えるときは様子をみながらにしましょう。

バルーンモーリーの出産について

バルーンモーリーに元気に出産してもらうためには、水質など飼育環境にも気をつけてください。

水槽の水は弱アルカリ性にします。バルーンモーリーは水質に敏感なため、水質が変わると体調を崩して病気になってしまうこともあります。

バルーンモーリーを繁殖させたい時は、水質に気をつけ弱アルカリ性を維持する

心配な場合は、出産するバルーンモーリーだけを違う水槽に移しても良いです。稚魚が生まれたら親魚だけを元の水槽に戻すと、稚魚だけを安全に飼育することができます。

親魚の栄養状態も重要です。

健康な稚魚のためには親魚が健康であることが一番

エサを与えたら食べている様子を確かめてください。
たっぷり栄養を取ってもらいたいからといってエサを与えすぎても良くありません。エサで水質が悪くならないように気をつけてください。

バルーンモーリーの飼育に必要なものと飼育環境

バルーンモーリーの飼育に必要なものと、飼育のポイントをご紹介します。

バルーンモーリーは小さい熱帯魚です。水槽は小さいものでも飼育することができますが、バルーンモーリーの数によって適切な大きさを選んでください。バルーンモーリーが3匹以内なら30センチでも構いませんが、20匹を超えるのなら60センチ以上の水槽を使うようにしましょう。

バルーンモーリーが繁殖して数が増えたら、水槽を分けるかサイズを変える

水槽の中には水草と底砂を入れます。水草はバルーンモーリーのエサにもなりますが、隠れ家にもなります。底砂は細かいものが良いでしょう。
他にろ過フィルターとカルキ抜き、温度計もセットしてください。

バルーンモーリーの適温は23~28度

水槽の中に温度計を取り付け、水温をチェックしてください。水温が10度を下回らないように、冬はヒーターを用意してください。温度調整機能があるヒーターだと便利です。

バルーンモーリーは泳ぐのが苦手なので、他の魚と混泳させると攻撃を受けたりストレスを抱えてしまいます。バルーンモーリーの水槽ではバルーンモーリーだけで飼育するようにしてください。
他の魚と混泳させたい場合は小型でおとなしい魚を選んでください。グッピーやネオンテトラ、又はバルーンモーリーよりも下層にいるコリドラスがおすすめです。

丸みを帯びてぷくっとした体がかわいいバルーンモーリーですが、繁殖力が強くてどんどん増えてしまうところもあります。繁殖を調整しながら、上手に飼育してくださいね。

 - 動物・ペット